頭式呼吸のページを是非ご覧下さい。歌の秘密・前提条件を公開してあります。

プロ歌手はボイトレ受けているの?と尋ねられたら、私の場合はSony Musicの経験しかありませんが、「めったにないかな」と…。ちなみに私はSony Musicで音楽プロデューサーをしていました。日本人の1億人以上が蓄膿症に感染しているという統計データがあります。ですから、健康で正常な呼吸機能が働いているボイストレーニングを必要としていない、蓄膿症ではない2700万人からデビューしていると思います。何事にも例外はありますから絶対ではありませんが…。残りの「蓄膿症予備軍1億人以上」側の、歌の前提条件を欠いた人達の間でボイストレーニングが流行っているハズです。

毎年100組?以上もメジャーデビューしているのに、ボイストレーニング教室からデビューしたと宣伝されている人の数は少ないでしょう?もし宣伝に使われていた人がいたら、初めから歌が上手かった2700万人側の人で、その教室の指導で上手くなった訳ではないと思われます。ちょっと否定的に書いてしまいましたので補足しておきましょう。一部の芸能系スクールは確かに業界へのプロモーション力があります。そういったスクールならプロ志望者にはデビューの確立が上がり価値はあると思います。

メジャーのオーディションでは、一回の募集で4万通ぐらい集まります。その中からわざわざボイトレを必要とするシンガーを選ぶ審査員はめったにおりません。何のためにオーディションを開催しているのか意味が無くなってしまいますからね。というよりも、ボイトレ経験者は腹式呼吸のクセがついていて歌がぎこちないので誰も気にかけていないようでした。本当のことです。

アイドルの場合は芸能スクール出身者が多いです。その流れで主流ボイストレーニング(ベルカントの腹式呼吸)の経験もあることでしょう。だけどそのお蔭で歌が上手くなってデビューした…?残念ながら私の周りでは一人も…。もともと健康で歌が上手い優秀な人が選ばれていたと思います。

たまにテレビの企画で腹式呼吸的なボイストレーニングを受けながらデビューするアイドルを見たことがありませんか?デビューした後は例外なくポップスの自然な発声に戻っていますよね。実は「戻されている」のです。何故ならメジャーのレコーディングスタジオは、ポップスやロックの価値観で働くプロミュージシャン達の現場ですから。オペラの価値観のボイストレーナーさんとは、正反対のことを要求されると思われます。それは当然のことです。

発声方法の矛盾 目次

  1. プロ歌手がボイトレや腹式呼吸してる?
  2. ポップスとオペラ(ベルカント唱法)の違い
  3. 腹式呼吸はオペラ
  4. 鼻腔共鳴はオペラ
  5. 喉の開き方
  6. 喉を開く・絞まる・軟口蓋を上げる?
  7. ミックスボイスの定義が感覚でわかる
  8. ミックスボイスの方法と証明
  9. 声区、換声点、融合はポップスに無関係でしょう?
  10. ボイトレ何故なぜ Blog