プロ歌手のミックスボイスの出し方(気持ち悪い裏声にならない訳)

高音で歌う声の出し方をミックスボイスとハイトーンの地声に分けて説明します。

  • HOME
  • プロ歌手のミックスボイスの出し方(気持ち悪い裏声にならない訳)

プロ歌手のミックスボイスの出し方(気持ち悪い裏声にならない訳)

このページの後半ではどこよりも詳しくミックスボイスの「出し方」を解説します。

高い声で歌えるようになる、「自由に歌う方法」を手に入れるコツの紹介です。

今までの説とは違った新事実

「プロ歌手のような高い声」でみなさんが歌えなかったのは「勘違いした方法」を信じていたからです。

ミックスボイスは初めから地声の高い声で歌える人(生まれつき歌が上手い人)が言ったテクニックです。

地声では高い声が出せないみなさんが練習しても、「根本の歌がまだ下手(前提条件)」が違うのでできなかったのです。

これからは「根本の歌を上手く」させるKISSのBEAMトレーニングから初めてみませんか?


新情報1.ミックスボイスの象徴とされてきたアーティスト達

メジャーアーティスト達は実はボイストレーニング未経験者です。

「生まれつき歌が上手い人達」の中からさらにオーディションで選ばれた「選りすぐりの生まれつき歌が上手い人達」です。

「生まれつき歌が上手い人」というワードが「ミックスボイス」の秘訣でした。

T.M.Revolution 西川さん

大森元貴さん

 

大森元貴(Mrs. GREEN APPLE)を徹底解剖!?奇跡の歌声の正体がヤバすぎた。

17:10あたり、ボイストレーニングはやっていません。

One Ok Rock のTakaさん

ONE OK ROCKのライブ配信にしらスタが登場でメンバー爆笑⁉︎

2:50あたり、 俺の歌い方なんて教わってできてるものじゃないから「俺のクセ」じゃん。

桜井和寿 × 稲葉浩志 さん

桜井和寿 × 稲葉浩志 / Vocalist対談

15:49ボイストレーニングについて

稲葉さん

先生についてやっていません。

桜井さん

デビュー当時にちょっとだけやっていて、こんなの何の意味があるんだと思って止めちゃって。

レミオロメンや平井堅さん三浦大知さんもミックスボイスではありません。

ミックスボイスが無かった時代から彼らを知っていますし、ミックスボイスが一般的に広がり始める2000年と矛盾します。

 

 

有名でも無名でも、アーティスト達の殆どがボイストレーニングの未経験者なので、ミックスボイスの方法を知りません。

なので基本「地声」です。

地声の使い方(優しく歌ったり)クセが違い、それが個性となっています。

※2022年4月調べ

  1. 1970年デビュー 小田和正
  2. 1991年デビュー 稲葉浩志/B’z
  3. 1991年デビュー    草野マサムネ/スピッツ
  4. 1991年デビュー hyde/L’Arc〜en〜Ciel
  5. 1992年デビュー 桜井和寿/Mr.Children 
  6. 1992年デビュー 小野正利?
  7. 1995年デビュー 平井堅  
  8. 1996年デビュー 西川貴教/T.M.Revolution 
  9. 2000年 ボイストレーナーの間から電子掲示板で流行りはじめる
  10. 2001年デビュー ATSUSHI/EXILE
  11. 2003年デビュー Taka/ONE OK ROCK
  12. 2004年デビュー    レミオロメン 
  13. 2010年デビュー    川上洋平/Alexandros

新情報2.ミックスボイスとはクラシックのテクニックだった

ミックスボイスのルーツはフランスオペラです。

 

フランス歌曲や19世紀後半以降のフランスオペラの歌唱にこの方法を用いながら声をホールに響かせる歌唱技術の伝統があり、20世紀のフランスを代表するバリトン歌手カミーユ・モラーヌ(Camille Maurane)やジェラール・スゼー(Gerard Souzay)などにその例が見られる。

 ウィキペディア

YouTube ジェラール・スゼーです。

フランスオペラのミックスボイスの出し方のまま

以下を要約すると「地声と裏声の中間と頭声」と言っています。

地声と裏声の中間という方法は残って「頭声」は欠けているようです。

1.特に高い声を出すときに意識的に呼気を多くする、又は声門の閉鎖を弱めた柔らかい声で(時に息を混ぜ気味にすることで)換声点(声区の変わり目)を滑らかに通過するスタイル。またそれにより得られる声色。

2.頭声を駆使して高音域を地声のように出すこと。またそれにより得られる声色。主に男性の唱者についていわれる。

wikipedia

新情報3.ミックスボイスは2000年頃に電子掲示板から広まった

1990年代以前はミックスボイスという言葉は一般にはあまり知られておらず、一部の音楽家やトレーナーが大体 1. の意味で稀に使用していた。その後インターネットが広まり、2000年代に入った頃から 2. の用法が特に電子掲示板などで普及した。また、トレーナーの間にもこの用法が増えている。日本に限らず、アメリカでも同じような状況にある。

ウィキペディア

ボイストレーニングとはクラシックの方々が作られた業界です。

なので、オペラのテクニックを指導しています。

ミックスボイスはボイストレーナーさん達が流行らせたものでした。

新情報のまとめ

結論1、アーティスト達は初めから地声の高い声で歌えていた。

結論2.ミックスボイスのルーツはフランスオペラ、地声と裏声と「頭声」だった。

結論3.ミックスボイスはPOPSとジャンルの違うクラシックの人達が広めていた。


分析結果、「ポップスの高い声の出し方は違います」

RockとPOPSには歴史的に「地声のハイトーンボイス」がありました。

1968年あたりからハードロックの高い声で歌うスタイルを「ハイトーンボイス」と世界は認識してきたのです。

クラシックの方(ボイストレーナーさん)から見ると、「ハイトーンボイス」がミックスボイスに聴こえたのかもしれません。

Deep Purple – Made in Japan – Highway Star (video)

ミックスボイスが気持ち悪いオカマ声になる理由

POPSのハイトーンボイスの地声を、フランスオペラの方法「地声と裏声の中間」だと指導されていたからだと思います。

その方法では当然、弱弱しくなります。

残念ながらPOPSの出し方としては違っていています。

ボイストレーニング業界(クラシック)の「地声と裏声の中間」と言う考えに対し、POPSのKISSでは「地声と呼気の量(頭声)」が関係しているという指導の違いです。

※ボイストレーニングとはクラシックのオペラの発声法を指導されている業界です。

ボイストレーニングはジャンルが違うクラシックだから、ポップスには勘違いも多い

山下達郎氏 ボイストレーニングはあまり信用してない

ボイストレーニングはあまり信用してないです。個性をなくすから。例えばオペラのベルカントなら、スカラ座の壁を突き破るような声を出すための訓練が要る。でも、僕らはマイクに乗っける声なので、しゃがれ声でもとっちゃん坊やでも、それも個性になる。

Yhoo ニュース


POPSのハイトーンボイスからミックスボイスの出し方

(高い声が出ない原因から)

日本人の8割以上が蓄膿症予備軍で呼吸器に支障があるから

過去の病気と思っていた蓄膿症が、今でも年間1000万人発症しています(急性の蓄のう症=急性副鼻腔炎を含む)。そして、蓄膿症になりやすい人、いわば予備軍はなんと1億人! 鼻水、鼻づまりが蓄膿症に悪化しないようにご注意を!【日本の人口は1億2600万人】

NHKためしてガッテン

メジャーアーティストは蓄膿症予備軍に含まれない、残り2割以下の「生まれつき歌が上手い人」です。

だからミックスボイスも知らないのに高い声で歌えるのです。

「生まれつき歌が上手い人」を見習いましょう。

ミックスボイスの秘密「とう頭式呼吸」ができている

空気が通る感覚があるか確認して下さい。

感覚が麻痺していませんか?

1,額の黄色い部分は空洞で空気が通ります。鼻から吸って確認してください。
2,目と目の間は後頭部まで空洞です。確認してください。
3,赤いほっぺたも空洞で呼吸できます。確認してください。

ハイトーンボイス・ミックスボイスの出し方

KISSでは「とう頭式呼吸」を指導しています。

「とう頭式呼吸」は「根本の歌」を歌い易くし「高い声」へシフトさせる方法す。

頭式呼吸とはみなさんの麻痺した呼吸ルートを、歌いながら改善していく呼吸法です。

フランスオペラのミックスボイスでも言われていた「2.頭声を駆使して高音域を地声のように」に重要な前提条件です。

外見は同じ人間同士に見えても内部構造が違う2通りの人間に分かれていた

生徒側の人

蓄膿症予備軍の人を「とう頭式呼吸」で図3、の状態から図2、へ改善させていきます。

講師側の人(生まれつき歌が上手い人)

歌が「生まれつき得意な講師」と生徒さんでは前提条件が違いました。

高い声の出し方は「とう頭式呼吸」にあり

1,低めの課題曲で「頭部のルートの復活」を目標に歌っていきます。

2,音程を空気の圧力で取る練習をしていきます。

3,高くて歌えなかった課題曲が自然に歌えるようになったら、さらに高めの課題曲へ挑戦させていきます。

ミックスボイスのコツ

初めに音域を広げながら地声をしっかり作っていきましょう。

そして頭部の呼気の量を「とう頭式呼吸」で増やしていきます。

仕上げに高音を70%から80%のパワーで歌うことに慣れましょう。

あなたも高い音程を大量の空気を混ぜて歌えるようになりませんか?

One Ok Rockを歌えるように目指しませんか!?

頭式呼吸(ミックスボイス)で歌ったハイトーンボイスの1例です

今までの方法と少しだけ違いますが「高い声で自由に歌える」ようになります。

プロ歌手のミックスボイスの出し方の違いでした。