趣味で新しい歌の楽しみ方

POPSにはビームトレーニング

  • HOME
  • 大人の趣味で新しい歌の楽しみ方

CHAT GPTに尋ねた「歌と副鼻腔炎の関係」

歌と副鼻腔炎の関係については、いくつかの点で影響を及ぼす可能性があります。

  1. 声の品質:

    • 副鼻腔炎が進行すると、副鼻腔の炎症や粘膜の腫れが声の品質に影響を与える可能性があります。鼻づまりや鼻水があると、声が鼻声になりやすいです。これが歌唱において望ましくない影響を及ぼすことがあります。
  2. 呼吸の制約:

    • 副鼻腔炎により鼻腔が詰まると、呼吸が制約されることがあります。歌唱中に正しい呼吸が難しくなり、歌唱パフォーマンスに影響を与える可能性があります。
  3. 喉への影響:

    • 副鼻腔炎に伴う喉の症状や炎症が歌唱中に不快感や痛みを引き起こす可能性があります。これが歌唱技巧や表現力に影響を及ぼすことがあります。
  4. 音程の安定性:

    • 副鼻腔炎による鼻腔の不快感や痛みが、音程の制御を難しくすることがあります。歌唱中に正確で安定した音程を維持することが難しくなる可能性があります。
  5. 治療と休息:

    • 歌手が副鼻腔炎にかかった場合、適切な治療を受けることが重要です。また、十分な休息をとることも回復に役立ちます。歌唱中に無理をせず、体を休めることが必要です。

KISSは世界初POPSの、BEAMトレーニング教室です。

歌いやすくなることに「karaoke 以上の歌の楽しみ方」がありました。

オペラの発声法のボイストレーニングとは方法論が違います。

ポップスの歌は物理です、法則が存在しました。

元 Sony Music 音楽プロデューサー

ボイストレーニング誕生

歌の未来が始まります

私の夢は「歌が下手なのを上手くする方法」を見つけることです。

見つけました。

これで今までボイストレーニングに対し、本当のことが言えるようになります。

ボイストレーニング(クラシックの発声法)の呪縛から解き放たれましょう。

50年もの間「歌が下手な人」、世界中の誰1人も歌が上手くなれてていません(KISS以外、本当かな?)。

ボイストレーナーさん達を悪く言ってはいけません…

生徒さんはPOPSを上手くなりたいのに、関係ないOperaの情報ばかりを信じ込みさせられています。

歌の指導者が教える方法が「オペラの発声方法」しか存在しなかったから。

ボイストレーニング本の情報はPOPSに間違いどころか正反対、歌えなくさせる方法へ変わってしまうものです。

今までの音楽的な発想では「歌」は上達しません。

「歌が下手な人を上手くする方法」は世界中で見つかっていなかった

頭の良い人になったつもりで読んで下さい。

オペラの発声法を「ボイストレーニング」と名前を変えたものが流行っています。

ちなみにオペラの発声方法とは「歌が下手な人を上手くさせるもの」では、初めから無いものです。

「初めから歌える人」を「オペラ歌手」へ鍛え上げるものでした(これ重要)。

反対にアレルギー体質の「歌えない私達」には、副鼻腔炎を誘発する方法に代わってしまっていた。

ここが難しい曖昧な要点と、歌えるようにならない原因でした。

ボイストレーニングを悪く言う積りではなく研究結果です

体質と歌が関係あったなんて、誰も信じませんよね?

音楽大学の就職の場がボイストレーニング教室

音楽は芸術と捉えられてきたので、「歌唱法」と言ってしまえばウソになっても許されてきました。

せめて声楽科を卒業したなら、POPSとオペラを混同するべきではないと思うけど。

YouTubeの時代になり、ボイストレーナーから「間違った情報」が流されています。

それを否定してくれたのはメジャーアーティスト達の本人、ビックリした様子でね。

彼らにとっては「嘘」を言われているのと同等だったからです。

これに勇気づけられました、「私の研究は間違っていなかった」と。

人間は元々歌えていた

ガラパゴス諸島へ行ってきた生徒さんの話しです。

現地の人達はみんな高い声だった。

彼の質問:遠くの人とコンタクトを取る必要があったからでしょうか?

私の答え:環境汚染が進んでないからだよ。

花粉症、副鼻腔炎、蓄膿症は被膜を形成する

副鼻腔炎の膿は重力で頭部から体へ落ちていきます。

その膿は乾くと被膜を形成し、呼吸ルートを何層に塞いで行くのです。

それを医学では「炎症」と表現しているようですが…、炎症ではありません。

オペラの発声法(ボイストレーニング)は、アレルギー体質の方にはその膿を溜めこんでしまわせます。

厚ぼったくなった被膜は物理的に呼吸ルートを塞ぎ、高い声を出にくくする原因となるのです。

若いころボイストレーニングを受けた私は、腹式呼吸を信じたあまり歌えなくなってしまいました。

ボイストレーニング(Opera)の間違い例

発声練習

体温が上昇し副鼻腔炎の膿や皮膜が一時柔らかくなって、声が出やすく感じるからです。

だけど直ぐに元通り固まるので、また歌えなくなるでしょう。

本当は歌う前に発声練習など必要なかったのです。

オペラの発声法の勘違いです。

 

音大卒業生は喉の開け方を「あくび」や「喉を縦に開ける」と言ってるでしょう?

それはOperaの「喉の開き方」です。

POPSでは間違いです。

株式会社キッスミュージック 代表取締役

私はSonyの音楽プロデューサーでした。

歌の秘密が解けなかったら「言わないつもりでした」。

だけどとうとう「歌の秘密」を解いてしまったのです。

「音楽と歌」は関係ありませんでした。

人間の生まれ備えた機能でした。

これから「歌えない人」の為に言い始めます。

「歌」は音楽の方法で上手くなると、クラシック音楽の価値観に染められてきたのです。

ボイストレーナーさん達も、ボイストレーニングのお蔭で「歌えるようになった人」ではありません。

ただ「生まれつき歌が得意な人」で、その「生まれつき」が解らなかった…。

BEAMトレーニングの始まりです

BEAMトレーニングはPOPSに矛盾しません。

ボイストレーニングとは違い、歌い方を指導したりしません。

歌い方とはPOPSで重要視する「個性を潰す」ものです。

クラスに1人だけいた「歌が上手い子」を目指します。

蓄膿症をわずらうと、睡眠時無呼吸症候群などの大病になりますよ。

「いびき」をかく方はボイストレーニングは危険だと思います。

言います、世界で唯一歌の謎を解きました

誰も言っていない、もう一つの呼吸ルート

POPSの人間はボイストレーニングを信じていません。

ハッキリ言います。

なぜならジャンルの違うOpera、芸術だったからです。

歌が下手な人の為になれば….。

歌に対する社会の常識は間違っていました。

未来、「歌は物理」です。

Beamトレーニングの方法論で歌えるようになった人のサンプル。

BEAMトレーニングの効果を聴いてみて下さい。

睡眠時無呼吸症候群

headgear mask connecting to air tube


清水岡部クリニックの診察日記より

12月10日のNHK番組「ためしてガッテン」にて、蓄のう症(副鼻腔炎)の特集が放映されました。普段同疾患の治療に当たっている者として、マスメディアがどのようにこの疾患の事を伝えているのか興味があったので、視聴してみました。

以下にその番組内容の要約があります。

ためしてガッテン

清水おかべ日記 診察日記

関連ページ

BEAMトレーニングとボイストレーニングの違い

ポップスのボイストレーニングは誕生して無かった

歌い方、仕組みが分かってしまえば簡単だった

世界初!POPSのボイカラボイストレーニング(BEAM)の誕生宣言

オペラは矯正、ポップスは個性、【東京ボイトレ法】

カラオケ上達にはポップスのボイトレを選ぶこと

初心者が知るべきボイストレーニングスクール選びの基礎