ボイストレーニングはミックスボイスより地声の高音

頭式呼吸のボイストレーニング方法は世界初。声優 趣味のカラオケ 話し方など、個人指導のボイスレッスンです。東京は秋葉原で、大阪は梅田で評判のボーカルスクールです。シンガー・アイドル志望者は集まれ!

コース・料金・個人レッスン

コース・料金・個人レッスン

音痴な方、子供からお年寄まで、たくさん通って下さいます。決してプロ志望者の為だけの学校ではありません。私達はポップスを指導させて頂きます。別ジャンルのオペラを指導している教室とは正反対の指導です。その結果「歌が下手だった人が上手くなった本物のBefore After」で証明することができました。

※アイドルコース詳細は別ページでご覧ください。

(税込)共鳴ボイトレコースプロコース共鳴トレーナーコース
選択スタートはこのコースからオーディション合格者Before After効果2以上
入会金¥5500 税込 ※1.¥11000税込(コース選択時)¥11000税込(コース選択時)
レッスン料¥5500 税込 40分¥7000税込 40分¥7000税込 40分
対象初心者からカラオケファンプロ志望者共鳴トレーナー志望者
内容頭式呼吸・スティールボイスAudition & グループ参加+α共鳴マニュアルの暗記と理解
講師共鳴トレーナー共鳴トレーナー※3.

※1. 無料体験当日にご入会頂けると、入会金が50%off、¥5500になります。その場でご入会して頂けると、事務手続きがスムーズです。もちろん無料体験後、一度お引き取りなって頂いてけっこうです。
※2. 4月と10月は、半年会費を各¥3300づつ頂きます。入会時は¥550×残月数で計算致します。
※3.USBメモリーをご自分でご用意下さい。(¥2000で販売もしております)
※4.共鳴トレーナー認定書の発行には別途¥33000

共鳴ボイトレコース(個人レッスン)

カラオケが上手くなりたい方にお勧めのコースです。趣味で、音痴を直したい方、さらに上達したい方、呼吸機能を改善したい方、10歳~70代の方までおススメのコースです。

  1. 腹式呼吸が危険な説明
  2. Beforeのレコーディング
  3. 基礎(共鳴を誘導して悪い癖を取って行きます)
  4. 応用(音域の拡大・リズム感補正)
  5. 頭式呼吸(呼吸ルートの麻痺を覚醒)

あなたに合った予約方法が選べます

  • 固定予約 手数料なし(2日前までの連絡で月内であれば変更可能です)
  • Web予約 手数料¥1100(ホームページから自由に予約が可能です)

プロコース(グループ)

※3.プロコース Audition 参加費用 ¥11000税込

講師は元Sony Music プロデューサーの平山を中心に指導します。共鳴ボイトレ法の習得で未熟な部分を補足もしくは、その場で改善してくれるかもしれません。基礎トレーニングの確認と実践、作詞・作曲からDTM、業界裏話、何でも質問して下さい。

1クラス定員2名以上からスタート。1クラス4.5名まで。

A-ckass 11:00、 B-ckass 13:00、 C-class 14:20、 D-class 15:40 E-class 17:00 を予定

A-ckass 11:00スタートから募集開始!

料金時間曜日
東京校¥7000税込60分+α第1土曜日
大阪校¥7000税込60分+α第2日曜日

※注意 病気や事情により、スタッフに代わってもらうことがあるかもしれません。

※注意 受講者1名になった場合はお休みになります。

共鳴トレーナーコース

共鳴トレーナー資格を取得したい方のためのコースです。資格取得後は、共鳴トレーナーとして活躍することができます。資格を目指して共鳴ボイトレコースから転向したい方は、講師までお申しつけください。

受講の必須条件

  • 頭の中の音階がピアノで探せること。
  • 8ビートができること。
  • 効果2のフルコーラスをクリアすること。
  • 共鳴をコントロールできること。
  • Pitchが上がっていること。
  • 呼気の圧力が一定にかけられること。
  • 音程を圧力でとれること。

コース内容

共鳴マニュアルの詳細な理解と暗記 (ロールプレイング形式) / レコーディング

共鳴トレーナー資格の合格条件

資格試験(模擬レッスン形式)において、現役講師半数の合格を得ること

コース受講後

・ 共鳴トレーナー資格の授与
・ 求人状況によっては、既存のKISS校舎で働くことができる
・フランチャイズとして独立・指導可能

第3条【商標の使用許可】

  甲は、乙に対し甲の有する次の商標の使用を許可する。

  • 共鳴ボイトレ法
  • 頭式呼吸
  • スティールボイス

その他、認定書に記載。