腹式呼吸と、とう頭式呼吸

腹式呼吸に頭式呼吸を足して歌の循環呼吸法(POPSプロ歌手への練習)

  • HOME
  • 腹式呼吸に頭式呼吸を足して歌の循環呼吸法(POPSプロ歌手の習慣)

home 腹式呼吸に頭式呼吸を足して歌の循環呼吸法(POPSプロ歌手の習慣)

歌の循環呼吸法の説明の為に「腹式呼吸~頭式呼吸」の順に説明させて頂きます。

腹式呼吸のメリットとデメリット

オペラの発声法を「ボイストレーニング」と呼び、その呼吸法が腹式呼吸です。

POPSとジャンルが違うクラシックの方々が作られていたボイストレーニング業界です。

「声楽もポップスも同じ歌だから基礎は腹式呼吸」と宣伝されてきました。

「なんか妙だな」アーティストは腹式呼吸を知らないのに…,と日頃から考えていました。

本当の腹式呼吸とは

健康法のヨーガの腹式呼吸が本物です。

頭部の呼吸を前提」に行われていました。

そのヨーガでは、頭部、首部、胸部、腹部の全体で人間の呼吸を考えています。

考えてみれば人間の呼吸器は横隔膜のお腹だけではないよね。

 

次は呼吸の入り口、頭式呼吸の説明です。

とう頭式呼吸 R

鼻づまりの自覚が無い人も

生徒のみなさんは鼻づまりの自覚がなかった人です。

「音楽の歌い方の練習」を教わりにきたのでした。

日本人の8割以上が蓄膿症「予備軍」です

過去の病気と思っていた蓄膿症が、今でも年間1000万人発症しています(急性の蓄のう症=急性副鼻腔炎を含む)。そして、蓄膿症になりやすい人、いわば予備軍はなんと1億人! 鼻水、鼻づまりが蓄膿症に悪化しないようにご注意を!

【日本の人口は1億2600万人】

引用元: NHKためしてガッテン

外見は同じ人間に見えても内部構造が違う2通りの人間

図2.(生まれつき歌い易い人)2割以下のCT画像。

ボイストレーニングの秘密1

上の画像をご覧ください。

この人は副鼻腔が正常で「歌い易いから歌が得意な人」だと思われます。

これが「生まれつき歌が上手い人」の秘密です。

図3.蓄膿症予備軍の中でも重症な人のCT画像。

続いて上、図3の画像と良く見比べて下さい。

「歌いにくい」ので歌うと苦しかったり音程がとれません。

※研究者の私は医者も驚くほどの無睡眠時無呼吸症候群の重度な患者でした。

5年以内の致死率は80%です。

花粉症、副鼻腔炎、蓄膿症の改善法を見つけました。

鼻づまりの自覚が無い人も

鼻づまりの自覚が無い人は、今は鼻までは詰まっていないだけ。

「予備軍」という言葉の意味は体の中から溜まり始めているということ。

だけど詰まっているところが違っていました。

それは鼻よりもっと奥の「頭部からお腹」の呼吸ルートです。

イメージで説明します。

呼吸のルートをストローにイメージして下さい。
100本のストローの束が、鼻から頭部を伝わって体の各部分へ連結されています。
ストローの吸う側(鼻)は詰まっていなくても、頭部や胸、お腹で、蓄膿の膿が詰まっています。
100本中50本しか貫通していなかったら苦しいですよね。
呼吸とはこのように考えるべきです。

歌えないのなら疑ってみて下さい。

循環呼吸法とは、腹式呼吸+頭式呼吸

メジャーアーティストの空気は循環しています

歌が上手いシンガーは頭部の呼吸機能が働いていました。

歌っている時に空気は自動で循環していたのです。

ヨガの本物の腹式呼吸が、頭部を前提に行われていた理由が分かりますね。

歌っても苦しくないのは「空気を吸う意識がない」からです。

今までの腹式呼吸は吸う意識(お腹の運動)を強調してしまうので、POPSの呼吸としては不完全で欠けていると思います。

実際にオペラの呼吸法ですから。

頭部も横隔膜と同様に機能します

歌いながら空気を吐く動作と、横隔膜、その両方の作用でPOPSの呼吸はされていました。

吐いてしまえば呼吸は自動で戻ってきて自然な「呼吸の循環」が生まれます。

ダンスをしながらでも、歌いながら呼吸ができるのです。

もうお腹を張ったり引っ込めたりしなくて大丈夫ですよ。

健康法のヨーガのように、頭部からお腹までの呼吸を考えましょう。

喉を開く方法
ボイストレーニング 本