腹式呼吸のやり方なら【頭式呼吸®】

本当の腹式呼吸をマスターするなら頭式呼吸®が必要です。頭式呼吸®とは「歌とデトックス」を用いて人間本来の基礎呼吸を取り戻す為のプログラムです。花粉症、副鼻腔炎、蓄膿症、肺気腫への効果が確認されています。

  • HOME
  • 腹式呼吸のやり方なら【頭式呼吸®】

home / 共鳴ボイトレ(タブ)/ 腹式呼吸のやり方【頭式呼吸®】

※「本当のことを伝えたい」清潔で楽しくて新しいボイストレーニング教室 それがKISSです。

腹式呼吸のやり方なら【頭式呼吸®】

腹式呼吸の本物は「健康法のヨガ」です。(紀元前3000年以上前)

その「コピー」が声楽の腹式呼吸でした。(19世紀初頭・江戸時代前)

※「歌の腹式呼吸」はヨーガの健康法がはぶかれているので、ただ「お腹を張り出した呼吸」となっています。
ボイストレーナーさん達は「逆腹式呼吸」の存在を説明したがりませんね。

本当の腹式呼吸には「頭式呼吸」が不可欠です。

2度と歌えなくなる

本当の腹式呼吸のやり方(前提条件)

日本人の8割以上が蓄膿症予備軍です

過去の病気と思っていた蓄膿症が、今でも年間1000万人発症しています(急性の蓄のう症=急性副鼻腔炎を含む)。そして、蓄膿症になりやすい人、いわば予備軍はなんと1億人! 鼻水、鼻づまりが蓄膿症に悪化しないようにご注意を!

【日本の人口は1億2600万人】

引用元: NHKためしてガッテン

日本人の9割近くの方が「今のまま」では腹式呼吸はできません。

本当の腹式呼吸はまだ自動車が発明されていない時代、大気汚染がない前提で行われていました。

とうしき頭式呼吸でアレルギー「鼻づまり」を改善していきましょう。

腹式呼吸のやり方/とうしき頭式呼吸®とは

喉に良い飲み物イメージ

とうしき頭式呼吸®とは「歌とデトックス」を用いて人間本来の基礎呼吸を改善させる健康法です。

初めに人間の呼吸機能は「中国の気功」のように全身です。

ですがここでは分かりやすくする為に、「頭部・首・胸・お腹」の主に4ブロックを呼吸機能とします。

呼吸には大気汚染が関係しています。

もしアレルギーになると毎日「鼻水の膿」が溢れはじめ、頭部・首・胸・を垂れていきお腹から溜まっていきます。

「鼻づまり」の自覚症状のある方だと、すでに病気「副鼻腔炎や蓄膿症」へ、逃れられません。

溜まった膿は何れ固まり麻痺を引き起こします。

多分多くの日本人が頭部・首・胸・お腹の「空気が入るスペース」を感じられなくなっているハズです。

頭式呼吸のイメージ

1,額の黄色い部分は空洞で空気が通ります。鼻から吸って確認してください。
2,目と目の間は後頭部まで空洞です。確認してください。
3,赤いほっぺたも空洞で呼吸できます。確認してください。

頭部がつまっていると、お腹への空気は届きません。

歌が上手い人と下手な人の違い

私も努力次第で歌は上手くなるものと信じていました。
下のCT画像を見るまでは。

図2.喉が開いて高音で歌い易いと思われる人のCT画像。

ボイストレーニングの秘密1

上の画像をご覧ください。この方は副鼻腔が正常で「歌いやすいので歌が上手い人」だと思われます。ボイストレーニングの必要性を感じないので、直接オーディションへ応募できてしまうでしょう。これが「生まれつき歌が上手い人」の秘密です。

図3.喉が絞まって歌いにくい人のCT画像。

続いて上、図3の画像をご覧ください。この方は副鼻腔が膿で埋まっています。「歌いにくい」ので高い声が苦手な人だと思われます。きっと「ボイストレーニング、腹式呼吸、ミックスボイス」と検索していたことでしょう。こちらが「喉が絞まって歌が下手な人」の原因です。

本当の腹式呼吸をやりたいから/頭式呼吸®の方法

※注意1:東京ボイトレ法とは「歌う筋力習慣の訂正と頭式呼吸」の2部構成です。頭式呼吸だけでは十分な効果は得られません。

※注意2:残念ながら頭式呼吸は一人では行えない方法です。何故なら皆さんは既に麻痺しているからです。なので必ずBEAMSトレーナーの誘導が必要となります。

東京ボイトレ法は筋力と呼吸の2部構成

1. 歌う筋力習慣の訂正

1.頭部の中を開くポイントを段階的に指導していきます。

2.強制的に内部を開かせて空気を通すように歌わせます。

3.空気が通ると麻痺していた感覚が戻り始めます。

4.頭部、首、肺、横隔膜へ誘導し、麻痺を取っていくように誘導します。

2. 頭式呼吸のデトックス

1.東京ボイトレ法の基礎スタート時に、第1段階のデトックス・KISS独自の鼻うがいを指導させて頂きます。

2.東京ボイトレ法の応用に入ると、第2段階はさらに進んだインドヨガの鼻うがいを紹介します。

3.頭式呼吸の段階に入ると、第3段階は漢方を使ったデトックス法を指導します。

デトックス体質へ

レッスンの進行とともに麻痺が少しづつとれ、蓄膿の被膜の違和感を感じ始めます。そると自発的にその違和感を取りたい感覚が訪れるでしょう。その改善と共に「歌い易くなった感覚」が交互に訪れます。被膜が破れて大量の痰を吐きだすとスッキリしますよ!

あなたの蓄膿症度を測る為に「一般的な鼻うがい」に挑戦してみませんか?

とにかく鼻うがいを試してみて

用意するもの

われないコップ 天然塩 40度のぬるま湯

1. 初めは海水程度の濃さに塩を多めに入れて下さい。

塩分濃度は濃い方が痛くないですよ

2. 鼻からゆっくり吸って口から吐きましょう。

その時に少量しか痰が混ざっていない人は軽傷です。歌の筋力の習慣を変えていけば、歌は速めに上達できます。ただ放っておくと歌えなくなってしまうのは同じです。

痰がドバドバ混ざっている人は赤信号です。歌の上達よりも健康の為に入会をお勧め致します。

子供も大人も楽しみながら歌で改善

ゴールしたイメージ

蓄膿症の改善度は歌に現れます。歌っていて苦しい・下手ならば、まだ改善していないのです。

改善すると頭部から横隔膜までが1つの大きな空間に感じられるようになります。

生徒さんはそこまで行かなくてもかなり歌えるように成っています。

「歌を上手くさせること=呼吸機能を改善すること」

皆さんの体をワイングラスに例えて説明します。

蓄膿症をワイングラスに例え

花粉症の方

花粉症の方は初期症状だと仮定します。底の方に軽くワインが注がれている状態です。花粉のシーズン以外は鼻は詰まっていないと勘違いしています。ですがお腹に溜まったワインのせいで「空気のひんやり感」が下腹部までは、麻痺して感じられない状態です。

安心していると年齢と共に蓄膿症へ悪化していくのは確実です。蓄膿のワインは毎日注がれていくのですから。歌が好きで知らずに声楽ボイストレーニングを信じておこなっていると、危険な腹式呼吸のせいで蓄膿症へ進行するスピードを速めてしまうことでしょう。

蓄膿症の方

蓄膿症が重度な方のグラスにはワインがなみなみ注がれて、一滴ずつ溢れています。口の中へ垂れてきている感覚がある人は後鼻漏という病気です。歌うための空気が入るスペースがもう足りない状態です。空気が少ないので不安定な歌でしょう。肌も荒れているかも。

バームクーヘンの穴はだいぶ狭くなっていて、頭部、首、胸と空気の入るスペースを分ける壁ができていることでしょう。歌うと気道の壁が接触して空気を遮断します。気づかず歌の練習をしていると、私のように睡眠時無呼吸など命に係わる重大な病気へ進行していくのは時間の問題です。それは呼吸器系の病気ではないかもしれません。何故なら体の臓器に近い部分にワインは固まって張り付いているから。

肺気腫の方

睡眠時無呼吸症候群

肺気腫の方は、すでに睡眠時無呼吸症候群である可能性が高いです。まずイビキをかいている人は要注意。それは蓄膿症の被膜が固まっている抵抗音ですから。肺の周りの膿が固まって徐々に動きをにぶくさせます。多分あなたは、肺の大きさのイメージで空洞感を感じていないでしょう?「みぞおち」の中心部分、気管支の下がってきたところ、ぐらいにしか空気の感覚ないのでは?

病院では無呼吸の患者に対して「ダイエット」を勧めているハズです。私もそうでしたから。だけど太っていることは全く関係ありません。問題は行き過ぎた蓄膿症です。

あまく見ていると呼吸が浅く浅くなって疲れ果て、いろいろな更年期障害を引き起こし、最後は陸上で窒息死かも。

睡眠時無呼吸症候群か確かめるアプリ

SnoreClock 

改めて腹式呼吸の本物はヨガです

ヨガ ボイトレ 東京 御茶ノ水 秋葉原 神田 明治大

腹式呼吸の本物はヨガです。さすがオリジナルはちゃんと頭部の呼吸機能を前提で行われていました。

歌で宣伝されている腹式呼吸は「コピー商品」で品質の悪い方法です。

蓄膿症予備軍の方達が不完全な腹式呼吸を頑張ると、肺活量が減ってますます歌えなくなるどころか、病気になります。

何故なら蓄膿症とは年齢と共に「膿が毎日溜まっていく一方」の病気だから。

花粉症でもアレルギーが発症したら、「二度と歌は上手くは歌えなくなる」メカニズムだったのです。

現代医学でまだ治せません…。

本物の声楽家が腹式呼吸は有害という意見も

「腹式呼吸」という概念に対する批判

発声法の研究で大きな影響力を持っていたフレデリック・フースラーは、「腹式呼吸」「胸式呼吸」「側腹呼吸」「肋間呼吸」などのように型や方式に分類された呼吸法は、いずれも本来全体がバランス良く協調して働かなければならない呼吸機能のうちの一部のみが突出して働くことによって生まれる不完全で不自然な呼吸法であり、呼吸をそのような型や方式に分類することや、意識的に行われる機械的、方式的呼吸法はすべて声楽の発声にとって有害である、という見解を示している[7]

引用元 Wikipedia

誤解してはいけませんよ。腹式呼吸は有害ではありません。フレデリック・フースラーが言うように「呼吸を分割」する考え方が危険なのです。

だから今までのボイストレーニングは「分かってもいない」のに、「知ったかぶり」で指導されてきたものなのです。

頭式呼吸とは

人間本来の呼吸とは、頭部・首・胸・お腹の「全体呼吸」です。

腹式呼吸とは1/4のお腹だけにフォーカスしてしまったものです。

胸式呼吸も同じです。

今まで「人間の頭部が呼吸機能であるという前提が欠如していた」ので、世界の呼吸法は不完全なものでした。

「お腹を前に張り出したりしないで」、頭部、首、胸、お腹まで、いつでも呼吸感覚が感じられているのが正常です。

 

改めて一般ボイストレーニングの腹式呼吸はコピー商品です。

ヨガの健康法が欠如している為、総呼吸量を1/4へ減らす逆効果、危険です。

ちなみに「自立神経」という言葉で説明する方が多いですが、はっきり相手に理解させられない言葉で説明するのは「嘘の場合」が多いです。

本人も分かっていないから「難しい言葉」で煙にまいています。

「本当のこと」は、その場で相手にきっちり伝えられます。

関連記事

逆腹式呼吸とは

現代の腹式呼吸は危険


喉を開く方法
ボイストレーニング 本