プロ歌手はエッジボイスじゃない(POPSにオペラは命取り)

練習など止めて下さい。あなたの個性が壊れてしまいますよ。

  • HOME
  • プロ歌手はエッジボイスじゃない(POPSにオペラは命取り)

プロ歌手はエッジボイスじゃない(POPSにオペラは命取り)

クラシック音楽関係者の間ではもっぱら『発声法』という言葉が用いられ、「ボイストレーニング」という言葉は「ポピュラー音楽のための発声法の訓練」を指すものとして捉えられている。

wikipedia

オペラの発声法をボイストレーニングと言います。

正式なクラシックでは「発声法」と呼ばれ、ポップス向けには「ボイストレーニング」と呼び名を変えたものです。

知っているアーティストはやらないですが、皆さん知らないから。

今までPOPSの歌の練習法は世界的に誕生していませんでした。

山下達郎氏 ボイストレーニングはしない

ボイストレーニングはあまり信用してないです。個性をなくすから。例えばオペラのベルカントなら、スカラ座の壁を突き破るような声を出すための訓練が要る。でも、僕らはマイクに乗っける声なので、しゃがれ声でもとっちゃん坊やでも、それも個性になる

Yhoo ニュース

個性

ONE OK ROCKのライブ配信にしらスタが登場でメンバー爆笑⁉︎

2:50あたり、 俺の歌い方なんて教わってできてるものじゃないから俺のクセじゃん。

ボイストレーニングとはクラシック業界

POPSのカラオケを上手くなりたい人へ、正反対のクラシック業界の方達が教えています。

腹式呼吸、ミックスボイス、鼻腔共鳴、全てオペラのテクニックです。

「エッジボイス」はオペラのテクニックではないかもしれません。

ジャンルが違うということは、全てが「嘘」となります。

全部嘘です

ミックスボイスの象徴とされていたアーティスト達は、全員ボイストレーニング未経験でした。

ミックスボイスという言葉さえ知りません。

クラシック業界の方達が嘘の宣伝をして儲けているのがボイストレーニングです。

悪い言い方になりますが、「詐欺」です。

テクニックとは「クセ」

腹式呼吸、ミックスボイス、鼻腔共鳴など、全て「テクニック」です。

歌はテクニックで上手く成りません。

歌は「根本の歌」を改善しないかぎり、「上手く」なりません。

だからボイストレーニング業界で一人も歌が上手くなっていないのです。

エッジボイスなど逆効果

生まれつき歌が上手い人は「根本の歌が上手い人」です。

そのような方ならテクニックは言われればその場ですぐにできます。

だけど「根本の歌が下手な人」は、練習しても「歌は下手なまま」です。

生まれつき歌が上手い人

歌を誰にも習っていない人の方が「歌が上手い」のは何故?

ボイストレーニングとはオペラの発声法なのでPOPSを下手にする練習です。

それを習っていないからです。

個性が豊かな歌。

POPSは個性を一番重要視します

テクニックとは定型化する練習となり「個性」をなくす努力です。

POPSとは違うクラシックの業界なので、正反対の指導ができるのです。

テクニックの前に、根本の歌を上手くなりましょう。