1.ミックスボイスのシンガーと歌手

ボイトレblog(新宿・渋谷・池袋)

こちらが本物のフランスオペラのミックスボイスです。ジェラール・スゼー

閉鎖が弱いので、イタリアオペラ、ドイツオペラのような大音量を出すにはあまり向いていない。クラシック音楽では教会音楽等の他、音量による迫力よりも繊細な表現や流麗なフレージングが重視されるフランス歌曲や19世紀後半以降のフランスオペラの歌唱にこの方法を用いながら声をホールに響かせる歌唱技術の伝統があり、20世紀のフランスを代表するバリトン歌手カミーユ・モラーヌ(Camille Maurane)やジェラール・スゼー(Gerard Souzay)などにその例が見られる。

引用元: ウィキペディア

ボイストレーナーのデマが電波

「事実に反する扇動的で謀略的な宣伝。」これをデマと言います。

Sony 現役当時
Sony Music 現役当時

ボイストレーニングとは、声楽科を卒業した音大生達がPopsを教えは始めてしまったのが始まりです。OLDボイトレの正体はOperaです。元Sony Music音楽プロデューサーの私が気づくまで世界中が騙されてきました。

1990年代以前はミックスボイスという言葉は一般にはあまり知られておらず、一部の音楽家やトレーナーが大体 1. の意味で稀に使用していた。その後インターネットが広まり、2000年代に入った頃から 2. の用法が特に電子掲示板などで普及した。また、トレーナーの間にもこの用法が増えている。日本に限らず、米国でも同じような状況にある。

引用元: ウィキペディア

  1. ミックスボイスのシンガーと歌手
  2. ミックスボイスの正しい練習方法
  3. ミックスボイスはボイストレーナーのデマ
  4. ミックスボイスの正体が分かれは簡単!
  5. ミックスボイスの定義(過去記事)
  6. ミックスボイスのやり方(過去記事)
  7. ボイトレ批評の目次へ戻る
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ボイス トレーニング本・ボイトレ本 Amazon Kindle 発売中 iPhone Android Windows iOS

共鳴ボイトレ法

「頭式呼吸」共鳴ボイトレ法・ポップスと声優!ボイストレーニング誕生 Kindle版

KISS MUSICはステルスマーケティングのような自作自演の口コミ宣伝を行いません。 もし行ってしまうと私達の研究結果や真理が疑われてしまうからです。