歌って得する健康ボイトレ方法

歌が上手く成る健康的なボイトレ方法が完成しました。プロ 声優 趣味のカラオケ 話し方など、個人指導のボイスレッスンです。本当に効果があるから安いと東京や大阪で評判のボーカルスクールです。おすすめします。

鼻腔共鳴の歌手・コツ・話し声・それはオペラだよ

  1. 鼻腔共鳴の歌手・コツ・話し声・それはオペラだよ
  2. 鼻腔共鳴は蓄膿症〜日本人1億人は無理かも
  3. そもそもボイストレーナーは「歌が苦手な人」ばかり

過去の病気と思っていた蓄のう症が、今でも年間1000万人発症しています(急性の蓄のう症=急性副鼻腔炎を含む)。そして、蓄のう症になりやすい人、いわば予備軍はなんと1億人! 鼻水、鼻づまりが蓄のう症に悪化しないようにご注意を!引用元: ためしてガッテン

KISS MUSICが共鳴ボイトレ法と名付けたのは2009年頃です。その頃ボイストレーニング業界では「共鳴」と言う言葉はめったに使われていませんでした。当時インターネットで調べた結果は「鼻腔共鳴」と言う言葉が1つ、クラシック・声楽の世界で見つかったぐらいです。ですがここ最近「鼻腔共鳴」という言葉がポップスのボイストレーニングの宣伝で使われています。

昔から一般ボイストレーニング業界は不可能なことを「あたかもできるような」宣伝ばかりです。このような業界はいかがなものでしょうか?Kiss Musicは信頼の「NEWボイストレーニング業界」を作って行きます。ポップスにはポップスのNEWボイストレーニングが必要です。

  • 鼻腔共鳴はオペラの概念です。
  • ポップスの発声方法に他ジャンルのオペラの専門用語で指導することは間違いです。
  • 残念ですがオペラを応用したボイストレーニングは、歌が下手な原因を解明していません。
  • Kiss Musicはその原因を解明し蓄膿症を直す為の新しい「共鳴ボイトレ法」を開発しました。
喉を開く方法

副鼻腔炎では不可能です!ボイストレーナーの宣伝に注意

  • オペラは400年以上前の発声方法で、自動車がまだ走っていない時代に作られました。アレルギーは少なく健康な呼吸器の人間であることが前提条件の時代に開発された発声方法なのです。
  • それに対し現代は大気汚染が進行しアレルギーの時代に変化しています。
  • 鼻腔共鳴が自然にできている2700万人は「生まれつき歌が歌いやすい人」なので、ボイストレーニング教室へ通ってきません。
  • 通ってくるのは歌が歌いにくい蓄膿症予備軍、1億人側の方であり、残念ながら鼻腔共鳴は不可能です。
  • ですから蓄膿症を改善する目的の新しい共鳴ボイトレ法・頭式呼吸をKiss Musicは開発しました。
  • 頭式呼吸のデトックスで鼻腔に詰まっている膿を排出させ、初めて鼻腔共鳴は可能となります。(まだ西洋医学は蓄膿症を改善できていないそうです)
  • 蓄膿症こそが「歌が下手な根本原因」であり、オペラを応用した主流ボイストレーニングでは解決できない原因です。

健康定義の危険性

人間の筋力習慣はイメージだけで直ぐに変わってしまうものです。私達は誤った腹式呼吸の宣伝によりお腹へ意識が誘導されてしまった為、頭部の呼吸機能が麻痺させられてきました。

実は人間が健康である為の根本・基礎呼吸を、腹式呼吸を売るボイストレーニングによって壊されてきたと言うことになります。腹式呼吸は健康というイメージばかりが宣伝されていいますが完全なデマでした。

ちなみに私は22歳の時にボイストレーニング教室へ通い腹式呼吸を一生懸命練習してしまいました。直ぐに呼吸が浅くなったのを今でも覚えております。そして40才を過ぎると睡眠時無呼吸症候群の重度の患者となっていたのです。蓄膿症予備軍側の方に、腹式呼吸を推進する主流ボイストレーニングは危険だと思います。

  • Wikipediaで腹式呼吸と検索すると、「全ての声楽にとって有害である」という批判もしっかり記述されています。
  • 本当の鼻腔共鳴には頭式呼吸が前提条件です。

本当に健康に役立つ「腹式呼吸」は頭部の呼吸機能と同時におこなわれている「インドヨガの腹式呼吸」だけかもしれません。