ボイストレーナーは歌わない人も多い

ギター教室に不信感はないけどボイトレには一杯でしょう?みんな何だかウサン臭いと思っているのは何故だと思う?その正体がクラシックの声楽だったから!腹式呼吸はYogaでミックスボイスはフランスオペラだし。社会全体で犠牲になってる純粋なプロ志望の若者達やカラオケファンを守らなきゃ!

  • HOME
  • ボイストレーナーは歌わない人も多い

home / ボイストレーニングとは / ボイストレーナーは歌わない人も多い

ボイストレーナーは歌わない人も多い

殆どの有名ボイストレーナーは歌の編集がかかっています。そこまで上手くないのでは?YouTubeで解説している時に「アカペラでちょこっと歌う歌」は別ですがね。ただそれはカラオケと言う音程の基準がないので、上手そうに聞こえますが実際どうなのか。ボイストレーニング業界は、ポップスに声楽を指導していることからしてデタラメですからね。それではボイストレーナーのタイプを大きく3つに分けてみましょう。

1.生まれつき歌が上手いボイストレーナー(少ない)

元々歌が得意なタイプです。良く教室で「うちの講師辞めるから、お前ボイストレーナーしない?歌うまいじゃん」と誘われたのがきっかけです。だけどボイストレーニングは未経験だから何を教えたら良いか分かりません。仕方ないので世の中のボイストレーニング本の知識で教えはじめるのですが、元々ボイストレーニング本の内容はイタリアオペラのベルカント唱法なので、みんなそうなります。このタイプのボイストレーナーは歌いたがります

2.音楽大学の声楽科の卒業生(クラシック)

ボイストレーニング業界は、元々ポップスとは関係ないジャンルのクラシックの方達が、勝手に作ってしまった業界です。それは音楽大学の声楽科の卒業生です。彼らが勉強していたのはイタリアオペラのベルカント唱法。その彼らがポップス向けに書いた本が「ボイストレーニング本」です。ようするに世の中のボイストレーニングの正体はオペラ・声楽なので、ポップスを歌わせると「宝塚歌劇団」のような歌い方になってしまうことでしょう。だからこのタイプのボイストレーナーは歌いたがらない人がおおいです。

3.元々は生徒

歌が下手だったからボイストレーニング教室と接点を持ってしまった、言い換えると「ボイトレを必要とされた方」です。このタイプはイタリアオペラのベルカント唱法で上手くなる訳がないので、歌えないから歌いません。後で説明します。

生まれつき以外のボイストレーナーはどんどん歌えなくなる

「生まれつき歌が上手い人と下手な人」が、同時にベルカント唱法を習ったとします。結果は?

  • 歌が上手い人が歌ったイタリアオペラ
  • 下手な人が歌ったイタリアオペラ

歌が上手くなることと「学習・テクニック」は別物です。「歌が上手い」とは前提条件であり、声楽ボイストレーニングはあくまでもオプションの指導なのです。では本当に歌が上手くなる前提条件は?

日本人の9割近くが蓄膿症予備軍

過去の病気と思っていた蓄膿症が、今でも年間1000万人発症しています(急性の蓄のう症=急性副鼻腔炎を含む)。そして、蓄膿症になりやすい人、いわば予備軍はなんと1億人! 鼻水、鼻づまりが蓄膿症に悪化しないようにご注意を!

引用元: NHKためしてガッテン

歌がうまくならなかった理由が分かりましたね?歌の上達に一番必要なのは呼吸機能を改善することだったのです。ボイストレーナーさんは腹式呼吸やミックスボイスなど、テクニックで歌がうまくなると信じていますが、不可能です。それはボイストレーナー自信が上手くなっていないことで証明されています。

インターネットに証明されていました。40年間延べ人数で何万人というボイストレーナーがいたはずです。生徒のビフォーアフターが結果0に対して何万人というボイストレーナー達。分母の数が大きすぎます。オペラのボイトレでは誰も上手くなっていないという逆証明となっていました。※トリックや捏造されたビフォーアフターを除外。

さらにボイストレーナーさん達は毎日誤ったトレーニングを積んでるうちに「時間」は経過し、副鼻腔炎・鼻づまりは進行して行きます。年齢とともに歌いにくく成っていくのです。皆さんも同様ですよ。だけど「私は鼻づまりではない」と思った方は「肺づまり」です。自覚症状がないだけ。

歌が時間数と努力では上手くならなかった理由

KISS 代表取締役

元 Sony Music 音楽プロデューサー です。
私はメジャーの世界でプロだったと言っても怒られないでしょう。
その上で発言させて頂きます。

  • オギャーと生まれて「生まれつきオペラを上手く歌いだす人」がいますか?
    いませんよね。
    みんなベルカント唱法を学習して「オペラ歌手」を目指すのです。
    これは時間数の努力で解決できる方法です。
  • 生まれつきダンスや、エレキギターが上手い人」がいますか?
    いませんね。
    毎日の練習でダンサーやギターリストになるのです。
    これも時間数の努力で解決できる方法です。
  • 何故ポップスの歌だけは、いくら練習しても上手く成らないのでしょう?
    理由は、まだ世界的にポップスのボイストレーニングは誕生していなかったのに、ジャンルの違うクラシック系のボイストレーナー達が、「知った振りして」声楽をポップスのボイストレーニングとして流行らせてしまったからです。ポップスには全てデタラメです。方法論が間違っていたから「いくら時間と努力を積んでも」上手くならないのです。

プロシンガーがボイストレーナーにならない理由

プロデビューしていくシンガー達はボイトレに通わいない人が殆どです。もっとバンド活動や作詞、作曲や。YouTubeの活動に専念しています。「歌が得意」だからボイトレを必要としないので、ボイトレ教室と接点を持たないのです。だからメジャーシンガーたちは、ボイストレーニング業界で声楽が指導されていることを知りません。

本来ならこのタイプがポップスのボイストレーナーにな成って欲しいです。だけど勧めると「俺は自然に歌えてたから教えられないよ」と、真っ当な答えが返ってきます。私はこのタイプを集めて、声楽ボイストレーニング業界から、ポップスのボイストレーニングを取り戻そうとしています。応援の程よろしくお願いします。

※ポップスのプロよりも素人のボイストレーナーのほうが、ポップスの発声を知っていることは、絶対に有りません。

ポップスのボイストレーニング誕生!【東京ボイトレ法】

東京ボイトレ法

ボイストレーナーは最初は下手でも良いと思います。
だけど「上手く成っていかなければいけない」と思います。

それは思い込みでなく「証明」が必要です。

呼吸機能を改善できた分「歌い易く」なる新発想のボイストレーニングです。
それは「生まれつき歌が上手い人に戻る」こと。
KISSの講師は全員生徒でしたが、しっかり上達しています。

参考ページ 

喉を開く方法
ボイストレーニング 本