歌って得する健康ボイトレ方法

歌が上手く成る健康的なボイトレ方法が完成しました。プロ 声優 趣味のカラオケ 話し方など、個人指導のボイスレッスンです。本当に効果があるから安いと東京や大阪で評判のボーカルスクールです。おすすめします。

KISSボイトレで課題曲を使う理由

KISSボイトレで課題曲を使う理由

こんにちは!東京・つくば・大宮校 講師の川本です(^^)

最近オリジナル曲のレコーディングを進めているのですが、
思い通りに表現するのは本当に難しいですね。

「こういう表現でもない、これも違う…うーん」と、
「これだ!!」っていう歌い方や想いの込め方が見つけるのが大変です。

まだまだ歌を突き詰めきれてないのが悔しいので、
一曲一曲を作る中で一歩ずつ実力をつけたいなって思います。
まぁ、音楽のことだったら、悩むのも楽しいんですけどね。笑

それから、楽曲制作に携わてくれている平山先生と井上講師には本当に感謝ですね。
二人と一緒にたくさん良い曲作りたいです!(`・ω・´)

 

さてさて。

今日は『なぜKISSのボイトレが課題曲を使うのか』についてお話したいと思います。

KISSでは「生徒さんに好きな歌を歌って!」という指導はしません。
(あ、Beforeのレコーディングはお好きな歌で録っています!)

理由はいくつかあるんですけど、
まず、好きな歌だとそのアーティストさんに寄せて歌ってしまって、正しい筋力の使い方や息の流し方…基礎が身につきづらいんです。

なので、あえて知らない曲を使って、 「まっさらな状態」から基礎を学んでいただきます。

また、毎レッスンごとに違う歌を歌うと、その場しのぎの歌い方・レッスンになりやすいんです。

「この曲のココは、こういう歌い方をすれば上手く聞こえやすい」ってレッスンしたとしても、それって根本的には歌は上手くなってないんですよね。

曲が変わったらできなくなっちゃうのは、実力じゃないです。

それなら、どの曲にも通じる『歌のレベル・上手さ』を学ぶためのレッスンをするべきですよね。

 

KISSのボイトレはプログラムとなっていますが、課題曲を使う理由もしっかりあります。

もしみなさんに「〇〇の曲を歌いたい!」という目標があるとしても、
まずは焦らずに課題曲を使ってしっかり基礎を身につけて、
本当の実力を手にしていただけたらと思います!

今日もレッスン、よろしくお願いします( *´艸`)

川本

プロ歌手や声優志望者へのメッセージ

KISS代表の平山です。私は元Sony Music音楽プロデューサーです。プロ志望の若者へメッセージを送っています。一般ボイストレーニングの正体はオペラ、声楽です。皆さんが目指すメジャーの世界とは正反対の指導を受けちゃダメだよ!歌えなく成るよ!

スクールはね、自分たちに都合の良い宣伝ばっかりしてしまう業態なんだ。良くボイトレ効果のお蔭でデビューできたかのような宣伝を見かけるけど、嘘だから騙されないようにね。

どうしてこんな事を伝えてるのかと言うと、私はSony Music音楽プロデューサーまで辿り着くまで、皆さんと同じ単なるプロ志望の若者だったからです。みんなの夢を追いかけてる気持ちが良く分かるから助けたいんだ。

プロになって冷静に周りを見ると、スクールが言ってることって嘘ばっかりじゃん。例えば作曲コース?音楽理論からスタートみたいなね!音楽理論なんか知ったら良い曲なんか書けなくなってしまうよ。音楽理論は壊すものだからね。

歌が上手く歌えない、活舌が悪い原因は蓄膿症ですよ!一般ボイトレはそれを悪化させてしまうからダメだよ!プロ志望だったらこのホームページを良く読んでごらん!

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン