• HOME
  • 喉の開き方があくび??ボイトレの正体はオペラ!

※このページは「頭式呼吸のページ」をお読みになってからご覧ください。腹式呼吸の常識が健康に及ぼしてきた影響は大きいと思います。

head
喉を開くと言うイメージは「筋力で喉を広げるイメージ」ではありませんでしたか?これからは古い指導法になるかもしれませんね。ここでは共鳴ボイトレ法の「喉の開き方」を説明します。

もともと人間は歌を歌って苦しくならない構造で生まれています。もし歌っていて喉が苦しいと感じるなら、それは副鼻腔炎や蓄膿症を疑って下さい。お医者さんに行くとネブライザーで抗生物質を鼻に噴霧したり、バイ菌を抑える薬物治療を行ってくれます。それでも改善しない場合は手術になります。但し私は手術を3度行いましたが治りませんでした。そしてお医者さんの中にはまだ治せないという意見も…。では歌を諦めてしまいますか?KISS MUSICは諦めませんでした。そして全く着眼点の違う頭式呼吸のデトックス法を開発しました。その効果を世界初の証明、ビフォーアフターで確認して頂けます。

副鼻腔炎と蓄膿症の違い

慢性副鼻腔炎のことを蓄膿症と呼ぶことが多いようですが、副鼻腔炎の一つの症状を蓄膿症と呼ぶのだそうです。きっかけは風邪などで副鼻腔に炎症が起こったり、虫歯が原因で始まると言われています。放っておくと鼻水に粘りけを生じ後鼻漏で口の中に鼻水が落ちてくるようになってきます。そして副鼻腔の粘膜が腫れてキノコ状のポリープができたり、眼球や脳を圧迫したりして重大な病気へ発展して行く可能性が大きいです。


  1. 喉の開き方があくび?ボイトレの正体はオペラ
  2. 喉の開き方・軟口蓋を上げる??ボイトレの正体はオペラ!
  3. 喉が絞まる原因は副鼻腔炎、蓄膿症だと証明しました
  4. 軟口蓋を上げるはオペラに有効
  5. 軟口蓋を上げるのはポップスでは間違えです
  6. ロック・ポップスの喉の開き方
  7. 目次へ戻る