オペラとポップスの発声の違い

オペラの声楽でPOPSを指導している従来のボイストレーニングはデタラメです。

  • HOME
  • オペラとポップスの発声の違い【東京ボイトレ法】

オペラとポップスの発声の違い

私はオペラは専門外の人間です。他ジャンルについて述べる場合は謝った情報を書いてしまう恐れがございます。ですからイタリアオペラのベルカント唱法がポップスのボイストレーニングとされている矛盾について書かせて頂きます。

ジャンルが分けられている意味

同じ歌ではない=全てが正反対=従来のボイストレーニングはデタラメ

正反対という事は「応用」できないという意味です。ですが現在「ベルカントもどき」がポップスへ指導されています。現在ポップスのボイストレーニングとされているものは、ジャンルの違うクラシック系の人間が広めてしまったものです。彼らの都合が優先されてきた為、習う側の利益(歌が上手くなる)ことは無視されています。オペラの発声方法でポップスが指導されていることは「間違い」です。

  • 本物のオペラの歌手はポップスシンガーを育てません。
  • ポップスのプロはオペラ歌手を育てません。
東京ボイトレコース

オペラ歌手がポップス歌手のように歌いたいか?

プロのオペラ歌手がポップスシンガーになりたいか?と聞かれたら、「成りたくない」と答えるでしょう。その理由は指向性が違うから以外に、発声の筋力の使い方が違うことを知っているからです。もしくはポップスの歌の真似をしたら、直観的に「オペラが歌えなくなってしまう恐れ」」を感じてしまうからでしょう。

逆にポップスシンガーがオペラ歌手みたいに歌いたいか?

ポップス系の人間はアホも多いから中にはいるかも?(笑)。いや一般的には考えもしないでしょう。それ程ジャンルが違うものと認識されています。

オペラとポップスの最大の違いは?

マイクを使わないオペラは大公会堂で後ろに楽団をつけます。その音量に負けないように、「遠くのお客さんまで声が聴こえるように響かせなければならない」のです。その意味で「オペラは大声量」で歌う発声方法です。

マイクを使うポップスはPA装置でボリュームを増幅しています。繊細な小さな声の歌い方も重要です。その意味で「ポップスは小声量」で歌う発声方法です。

マイクを使うか使わないか?より、もっとヤバい違い。それは、

筋力の使う方向の違い

  • オペラは「太くて響く大きな声」が美徳とする価値観ですが、ポップスでは「カッコ悪い」という正反対な価値観になります。
  • ポップスは「細く高い声に憧れる傾向」があります。オペラでは「カッコ悪い」という正反対な価値観になります。

指向性・価値観の差によって、筋力の使い方は変わって行きます。この違いが発声の大問題となるのです。腹式呼吸が良い例で、体の下へ引っ張る筋力を植え付けさせられながら、高い声で歌おうとか。目的と筋力の方向が「ちぐはぐな」な指導をされてきました。それは肺活量を減らすトレーニングとなり、副鼻腔炎や蓄膿症を加速させているのです。簡単にいうなら「ポップスが歌えなくナルボイストレーニング」が従来のボイストレーニングです。犠牲者は相当な数に及んでいることでしょう。

声楽ボイストレーニングはポップスにはデタラメ

いわゆるボイストレーナーとは、音楽大学の声楽科卒業生が中心でした。ポップスよりの人間だと「アカペラサークル出身者」も多いようですが…。それはここでは省略致します。音大出身者は声楽の世界でプロを目指していた方です。だけど、厳しい言い方になりますが「プロに成れなかった人」です。すると「クラシックの素人です」。これを前提条件1とします。

次。声楽とポップスは正反対なので声楽の筋力トレーニングを積んだきた者は、よりポップスの世界では「素人」となります。理由は筋力習慣が逆になってしまっているからです。オペラ歌手っぽい「筋力習慣」は簡単には取れません。「歌は丁寧で上手に聴こえても、カッコ悪い歌」ではポップスでは通用しないのです。要は「センスが古い歌」となってしまうのです。これを前提条件2とします。

大学を卒業しただけで「ポップスの世界の先生の顔」をしているのはデタラメです。法学部を卒業しただけで弁護士にはなれません。残念ながらボイストレーニング業界はデタラメです。それはボイストレーナーの見せかけの「ビフォーアフターの効果のトリック・捏造」を見れば明らかです。

セス・リッグス氏 アメリカンビジネス

元々ポップスにはボイストレーニングと言う概念がありませんでした。何故なら自由に歌う、それが個性で一番カッコ良かったからです。そして自由に歌える方法をポップスの世界を知っている者の誰も解明できなかったのです。その間にポップスを知らないセス・リッグスと言うクラシック系の人がベルカント唱法を基に、ポップスのボイストレーニングとして世界へ広げてしまったのが、今日の声楽ボイストレーニングです。音楽大学の声楽科を卒業しても就職口はありませんでした。それが渡りに船と、クラシックの声楽科の人の間で広がってしまったのでしょう。指導するのはクラシックの素人、習うのはポップスのプロ志望者、という奇妙な構図が出来上がってしまいました。本来はポップスのプロが指導するべきです。

セス・リッグス(英: Seth Riggs、1930年9月19日 – )は、アメリカ合衆国のボイストレーナー。ロサンゼルスを本拠地に、ボイストレーニングを行っている。ベルカント唱法を基に発声法「Speech Level Singing」(スピーチ・レベル・シンギング、SLS)を考案し、マイケル・ジャクソン等トップスターのボイストレーナーとしてレコーディングやツアーのサポートなど過密なスケジュールをこなしている。SLS指導者の育成もしており、ボイストレーナーとしての様々な厳しいテストをパスした者にそのライセンスを与えている。同じくボイストレーナーとして著名なロジャー・ラヴはリッグスの元教え子の一人である。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

ここは笑って読んでくれなきゃマズイとこ

ボイストレーナーが神扱いしているアメリカの有名ボイストレーナー。そのカリスマさんのアメリカンビジネスに世界中が巻き込まれたんだよね。「俺は130人以上のグラミー賞の歌手を教えた」みたいな大金積んだ詐欺めいた宣伝。マイケルジャクソンは5歳でデビューしてるし(笑)!マドンナはそのカリスマトレーナーのお陰でデビューできたみたいな(大笑)?これは完全なる虚言・アメリカンビジネス。いや、広告宣伝の手腕が凄かったと言い直しましょうか。宣伝とはそういうもの…ですかね?

だけど私達プロはそんな宣伝に引っかからないけど、昔の声楽科卒業生のボイストレーナーはポップスを聴いたことさえないClassic一筋の方も多いですから、信じちゃったのかな…。だけど言わせてもらうよ!人生賭けてプロを目指している若者ミュージシャンや声優に対して、ジャンルの違うオペラ・嘘八百を教えているのことに、いい加減気づくべきでは。ポップスのプロ志望者の若者達の方が先生よりポップスを知っている優秀な人達なのだから。

(ここ重要)40年以上、世界中のボイストレーナーは気づかず「ベルカント唱法のボイストレーニング」に騙されたままマイナスの連鎖を続けている。本当はね、オペラでポップスが上手くなる訳ないから、ボイストレーナーさんは苦しんでいる人も多いのです。何人も打ち明けて下さいました。「私の教えてる声楽ボイトレで生徒達が上手く成る訳がないです、だけど急にやめられなくて…」。実はボイストレーナー達も被害者なんだよね。だけど有名ボイストレーナー達ほど危ない奴だと思うよ。嘘ばっかり良く言えるよね。口ばかりで何1つも証明していないのに。それを面白がってる視聴者にも問題ありますね。

ポップスのボイストレーニングを研究して、その証明までしました。

 

ボイトレスクールKISS代表

私はSony Musicの音楽プロデューサーを務めていました。一応ポップスの世界ではプロと言っても良い立場だと思います。ポップスのプロ志望者やカラオケファンに、正反対のオペラが指導されていることに気づいた時は驚きました。従来ボイストレーニングの経験者ほど歌えなくなっているのは当然です。

現役を退きポップスのボイストレーニング研究に挑んだ結果、たくさんの新事実を見つけました。今ではポップスのボイストレーニングは完成し「東京ボイトレ法」と名付けました。その効果の証明まで完了しております。東京ボイトレ法は本物、世界初のリアルボイストレーニングです。私達KISSは従来のボイストレーニングとは一線を画します。

本当に歌が上手く成りたい人へ最後に一言。努力で歌が上手くなる時代は始まっています。シンガーでも声優でも、プロ志望者ならKISSの一択しかありません。