現在のボイストレーニング業界は、オペラを指導しています。その代表トレーニングは、「腹式呼吸、胸式呼吸、チェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイス、ミックスボイス(フランスオペラ)、軟口蓋を上げる、声区、融合、リップロール、etc.」。ポップスの世界では決して使われない、正反対なオペラの専門用語です。まだポップスのボイストレーニングは世界的に無かったことを表しています。
      • KISS MUSICは本物のクラシックのベルカント唱法を尊重しております。
      • オペラは専門分野ではないので、誤った記事を書いてしまう可能性があります。
      • ですので論点を「ポップスにオペラの発声方法が指導されている矛盾」に限定させて頂きます。
      • その為に「ベルカント唱法」の語句を引用させて頂きます。

ポップスとオペラは同じ歌ではありません!

      • エレキギター教室でバイオリンが基礎になるからと練習を始めていますか?
      • ラーメンを注文したのに「きつねうどん」が出てきたら同じ麺類だからね!と召し上がりますか?
      • ポップスのメジャー業界を知らないのに、知ってるかのような顔で「あることないこと嘘ばかり」言いふらされていたことに気づいたら?
      • それでは、もし誰かがあなたに成りすまして「あることないこと」言いふらしていることに気づいたら?
      • 柔道なのに剣道の先生が教えていますか?

顧客の要望と反対のサービスを隠してして行っていると、インターネットの社会では「炎上しますよ!」と、忠告しているのです。もう遅いかも…既に始まっている気がします。

物事を自分の利益のために都合よく捻じ曲げれば「オペラもポップスも同じ歌だから」と言い換えられることでしょう。オペラのプロの方も、私と同意見だと思われます。