オペラは矯正・ポップスは個性

ギター教室に不信感はないけどボイトレには一杯でしょう?みんな何だかウサン臭いと思っているのは何故だと思う?その正体がクラシックの声楽だったから!腹式呼吸はYogaでミックスボイスはフランスオペラだし。社会全体で犠牲になってる純粋なプロ志望の若者達やカラオケファンを守らなきゃ!

  • HOME
  • オペラとポップスのボイトレの違い1

現在のボイストレーニング業界は、オペラを指導しています。その代表トレーニングは、「腹式呼吸、胸式呼吸、チェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイス、ミックスボイス(フランスオペラ)、軟口蓋を上げる、声区、融合、リップロール、etc.」。ポップスの世界では決して使われない、正反対なオペラの専門用語です。まだポップスのボイストレーニングは世界的に無かったことを表しています。

  • KISS MUSICは本物のクラシックのベルカント唱法を尊重しております
  • オペラは専門分野ではないので、誤った記事を書いてしまう可能性があります。
  • ですので論点を「ポップスにオペラの発声方法が指導されている矛盾」に限定させて頂きます。
  • その為に「ベルカント唱法」の語句を引用させて頂きます。

ポップスとオペラは同じ歌ではありません!

  • エレキギター教室でバイオリンが基礎になるからと練習を始めていますか?
  • ラーメンを注文したのに「きつねうどん」が出てきたら同じ麺類だからね!と召し上がりますか?
  • ポップスのメジャー業界を知らないのに、知ってるかのような顔で「あることないこと嘘ばかり」言いふらされていたことに気づいたら?
  • それでは、もし誰かがあなたに成りすまして「あることないこと」言いふらしていることに気づいたら?
  • 柔道なのに剣道の先生が教えていますか?

顧客の要望と反対のサービスを隠してして行っていると、インターネットの社会では「炎上しますよ!」と、忠告しているのです。もう遅いかも…既に始まっている気がします。

物事を自分の利益のために都合よく捻じ曲げれば「オペラもポップスも同じ歌だから」と言い換えられることでしょう。オペラのプロの方も、私と同意見だと思われます。

正反対なオペラを黙って指導〜講義するべき罪

  • ロアーティストはオペラ歌手のように歌いたいですか?
  • プロのオペラ歌手の方は、ポップスシンガーのように歌いたいですか?

きっと双方で「No!」という答になった「ハズ」です。これはポップスとオペラの志向性や価値観が対照的だからです。するとこうなります。

  • ポップスのプロはオペラ歌手を指導していません。
  • オペラのプロはポップスシンガーを指導していないハズです。

ですがボイストレーニング業界ではアマチュアの方が「オペラの概念を応用して」指導しています。生徒さんのニーズと正反対な指導だと思われます…。

  • それではもし、オペラの発声方法がポップスでも有効とするならば、より現代的な演歌の先生もポップスを指導して良いのでは?

そうなっていない理由を述べます。学問として確立された発声法は世界中の歴史で、声楽だけだったからです。だから音楽大学の声楽科卒業生(ポップスやロックのアマチュアの方)が、声楽の発声方法に頼って指導を始めてしまったのでしょう。それでは質問を変えましょう。

  • 400年以上前、江戸時代前のボイストレーニング(声楽)・腹式呼吸で、今週発売された最新ポップスを歌えるように頑張りましょう!と指導されたら、あなたにはどう聴こえますか?違和感を感じませんか?

常識的に考えてみましょう。発声方法を熟知した本当のオペラ歌手がポップスを歌ったらカッコイイですか?オペラの価値観に合っていても、ポップスの価値観に反したお行儀の良い歌ではないですか?目指す目的地が違うと言うことです。みなさんは正反対の方向へ進まされているのかもしれませんよ。


  1. オペラとポップスのボイトレの違い1
  2. オペラとポップスのボイトレの違い2
  3. 声区?チェスト・ミドル・ヘッドボイス【ポップスには嘘】