• HOME
  • 地声の高音で歌う方法ならスティールボイス

1970年頃からハードロック・ヘビーメタルは続いています。そのボーカルスタイルは伝統的にハイトーンボーカルが正統派でした。それはフランスオペラのミックスボイスのような地声と裏声の間のような声ではなく、地声の高音です。何故ならRockだからです。みなさんここで気づいて下さい。ミックスボイスで高音を出そうとする人よりも、地声でもっと高い高音をRockの世界では歌われていたことに。

実はにミックスボイスはデマだったのです。Rockを知らないクラシックのボイストレーナーが、2000年頃からインターネットの掲示板で広げてしまったものなのです。

ボイストレーナーは歌えない人ばかりです。自分が高音で歌えないことをテクニックのせいにしています。そしてハイトーンボーカリストを勝手に自分達の都合でミックスボイスだと宣伝し設ける詐欺まがいな業界です。冒頭にも書きましたが本当のミックスボイスはフランスオペラの優しい発声なのですから。

高音と言うけれど基準は?

そうボイストレーニング業界は「基準を曖昧」にいつも説明します。基準を表すと矛盾がバレテしまうからでしょう。例えば「レミオロメンから上の高音で歌ってる人はみんなミックスボイスで歌っている」とか、平気で都合の良い嘘をついています。何故嘘だと言えるのか?私は元Sony Musicの音楽プロデューサーで、レミオロメンがデビューする約1年前ぐらいから知っていたからです。

高音の基準はDeep Purpleのイアンギラン、Led Zeppelinのロバートプラントでしょう。Rockは洋楽が基本なので日本のアーティストは基準にはなりません。そでは地声のハイトーンボイスをYouTubeのリンクで確認してみて下さい。

スティールボイスは超ハイトーンボイス

ヘビーメタルの世界ではよりハイトーンで歌うことに挑戦する歴史がありました。その中で登場したのが、Steelheartです。この超高音は地声です。まずはご覧になってください。イントロが長いので途中から見ることをお勧めします。

これをミックスボイスと言うボイストレーナーがいたら、ヘビィーメタルのファンに「ぶっ殺される」でしょう。あ!言葉が過ぎました失礼。

高音で歌う方法は頭式呼吸です

高音で歌う方法は簡単です。頭部からの呼吸機能全体を正常に戻すことです。KISSが謎を解き明かした「歌の基礎なら頭式呼吸」です。改善率と共に徐々に高い声が出るようになっています。ビフォーアフターのデータベースで論より証拠、証明しています。

詳しい説明は頭式呼吸のページで確認して下さい。ここでは簡単に説明します。日本人の1億人以上が蓄膿症予備軍という統計でーたがります。下の図3の状態を図2へ改善することで、高い声が楽に出るようになります。

ボイストレーニングの秘密1

高い声の出し方の秘密はこれです

実は私も高音で歌う謎を知りたくて研究してきました。そしてその高音発声のメカニズムは分かったのですが、その方法論が難しい…。ようは蓄膿症を治さなきゃ歌えないってことですからね。だけど世界的に蓄膿症を改善する方法は医学でも分かっていないのです…。だから私は13年という時間がかかってしまったのです。でも大丈夫!今はその改善方法も分かってYouTubeで徐々に証明していきます。

ボイトレの秘密1