プロの声優のマイク乗りが良い声の秘密

歌いだしの小さい声とサビの大きい声の、「ボリュームの差が少ない声」です。聴き取りやすい歌になり感情表現も消えません。

  • HOME
  • マイク乗りが良い声の秘密

※すいません、これでも元Sony Music音楽プロデューサーでした。こちらは過去の記事になります。当時は本当のことを皆さんに伝えたくて口調の強い批評となってしまったのですが、全て根拠を踏まえた事実ですから批判は一切していません。だけど言い過ぎちゃったかな。「真実だけでは世の中を動かせないものだ」と悟った次第であります。まだまだボイストレーニング業界は正常化して行く途中なんです。正義感もあったけどもう疲れたんで降参しま-す。一般ボイストレーニングと仲良くしながら成長して行く道を進みたいです。今はそう思い直した次第です。だけどもったいないからページはそのまま残すことにします。きっと誰かの役に立つから(笑)。

マイク乗りの悪い声

マイク乗りの悪い声を先に説明します。感情表現をする時にボリュームの変化が大きい声がマイク乗りの悪い声です。小さい声で話したときと、大きな声で話した時の、ボリュームの差がありすぎる声ですよ。原因は頭部に空気が流れないので圧力の抵抗が生まれます。共鳴の位置が口や喉の高さが下がって発声することで、喉周りの筋力の力で発声することになるからです。ようするに力で発声した感情表現です。マイクを使わない舞台演劇では逆に必要とされるテクニックです。

マイク乗りの良い声

マイク乗りの良い声を「歌」で説明します。歌いだしの小さい声とサビの大きい声の、「ボリュームの差が少ない声」です。聴き取りやすい歌になり感情表現も消えません。何故ならレコーディングする場合はリミッターと言う機械で、声のボリュームが大きすぎる部分をカットして、揃えているのです。そのカットする分量が大きい人ほど「マイク乗りの悪い声」で、カットする分量が少ないほど「マイク乗りの良い声」となるのです。

この原理は声優さんでも一緒ですよ。それを極端に行ったのがテレビやラジオのリミッターです。それはラジオボイスと呼ばれています。小さな声の話し声も視聴者が聴きとれるように増幅しているのです。

あ!紹介が遅れました。私は元Sony Musicの音楽プロデューサーでした。本物のプロほどプライドがあるので嘘をつかないものですよ。素人の方ほど自分を正当化する為のウソをついてしまうものです。「プロならみんなやってるリップロール!」とか。

…ごめんなさい。音楽のメジャーではやっていないけど、舞台演劇や俳優の世界では真に受けてやってる人は多いのです。でも効果はないですよ!何故ならみんなの問題は今主流のボイストレーニングじゃ解決できないから。頭式呼吸が人間本来の呼吸機能を回復させる唯一の方法なんです。うさん臭く聴こえたかもしれませんね?でもビフォーアフター聴いて下さい。口だけじゃなくKiss Musicだけがちゃんと証明しているでしょう!今までのボイストレーニング業界が証明したものは何一つ無いはずです。

一切編集の無いボイトレ・ビフォーアフターで声の変化を証明してありますから確認して下さい。この証明は世界中の誰もできなかった本当の証明です。初めから歌が上手い人を上手くしたという宣伝は山程あるでしょうが、下手だった人が上手くなったという本当の証明なのです。

まだ帰らないで

皆さん「NEWボイトレのタブ」の社長挨拶のページから順番に共鳴ボイトレ法頭式呼吸の3ページを読めば、全容を理解できるはずです。もっと詳しく知りたい方は「情報倉庫のタブ」を開くとお宝ページがザクザクです。