BEAMトレーニングの魅力3選!②自分で効果を感じられる程に上手くなる!

ボイトレblog(新宿・渋谷・池袋)

こんにちは!後藤です!
みなさんはGWをいかがお過ごしでしょうか。
お休みの方もお仕事の方もいらっしゃったと思いますが今日で最終日ですね。

個人的には、お家でゆっくりと過ごすのも連休の醍醐味だと思いますのでそれもいいですね!

さて今回はしばらく時間が空いてしまいましたが、
前回に引き続きBEAMトレーニングの魅力3選!についてお話ししていきます。

ざっくりとした目次はこちら

①初めてでも分かる!

②自分で効果が感じられる程に上手くなる!

③歌ってない時も実感出来る

バックナンバーはこちら↓

①初めてでも分かる!

②自分で効果が感じられる程に上手くなる!

ここはかなり重要で歌う時のモチベーションにも影響します

KISSは初回レッスン時に「レコーディング」を行っています。

いきなり歌を録るなんて緊張すると思いますが安心して下さい。

これはレッスンをする前の状態(Before)を記録するために必要な事です。

まずは自分の好きな曲を選んで歌って頂きます。

オススメとしてはテンポの遅いゆっくりとした曲です。

基本的には「課題曲」を使ってレッスンを行っていきますが、
あるタイミングで初回レッスンに歌った自分の好きな曲を、再度レコーディングします(After)

何度か繰り返していくと、

以前は苦しかった歌が楽に歌えるようになっている事に気が付くはずです。

また過去のデータと新しいものを実際に聴き比べる事でより実感が湧くと思います。

もちろん1曲を最後まで歌うのは大変なので、

初めは1番がなんとか歌えるように目指します。

それに慣れたら最後まで歌えるようにしていきます。

この時点まで来るとすでにカラオケで楽しく歌えるようになっていますよ!

ここで補足なのですが、

実は一般的なボイトレ教室ではこのように歌を定期的に録音してレッスンする事はあまりありません

なので自分が「上手くなっているのか」分からなくなってしまいます。

KISSでは音声データとして記録していくので、
理想の声を目指して過去の自分を乗り越えてく楽しみにも繋がります。

つぎは第三弾でお会いしましょう!

ではまた!

ここだけ読めばボイトレの謎がすべて解ける!

KISSが現代ボイトレの常識を根本から覆します。「生まれつき歌が上手い人」の秘密を是非一度お読み下さい。

喉を開いて高音で歌う方法

関連記事一覧

カテゴリー