頭式呼吸で自由に歌おう!

こんにちは、井上です!

最近、オリジナル曲を作るようになったり、川本先生のオリジナル曲に携わらせていただいたり、KISS全体で新たな動きが始まったりと、刺激的な毎日を送っております!

平山先生がよく言われている、”曲作りがポップスの勉強になる”というのも少しずつ分かり始めた気がしています。

また、有名なアーティストの曲を聴くと、その人にしか表現できないものが感じられ、POPSは個性が大事なんだなとすごく思います。

そこで、今回は個性のある歌い方をするための前提条件についてお話ししようと思います。

 

皆さんは歌っているとき、どんなことを意識して歌っていますか?

恐らくほとんどの人が”音程”と答えるのではないでしょうか。

そこで一つ考えていただきたいのが、歌手の方は歌っているときに音程を意識して歌っているのかということです。

もちろん、音程に対する意識が全くないわけではないかもしれませんが、ピアノやギターを弾きながらだったり、ライブパフォーマンスをしたり、歌い方を変えたり、とほとんど音程を意識している余裕はないと思います。

それでも、歌手の方々はほとんど音程を外しませんよね?

ということは、自動的に音程が外れなくなっているということです。

 

KISSのトレーニングでは、基礎の段階で共鳴というものを基準にトレーニングし、まずは力を使って音程がズレないようにしていきます。

その後、歌手の方々と同じように、意識していなくても音程がズレない状態を作ります。

ただ、この状態ではまだ力が必要な分、力んだ声になったり、表現のために声色を変化させると共鳴がうまくコントロールできずに音程がズレてしまいます。

 

では、どうすれば良いのか。

ここからが、個性のある歌い方をするための前提条件、”頭式呼吸”になります。

頭式呼吸のデトックスにより空気の流れが良くなると、その分だけ共鳴をコントロールするための力が必要なくなります。

力が抜けた分だけ力みのない本来の声に近づき、聴いていて気持ちの良い声になっていきます。

さらに、表現のために声色を変化させるなどしても音程が外れにくくなっていくので、色んな表現ができるようになると思います。

 

他人とは違う、個性のある歌声で歌うためにはこの”頭式呼吸”をお勧めします!

皆さんも頭式呼吸で個性のある歌声を手に入れませんか?

秋葉原校 井上講師

プロ歌手や声優志望者へのメッセージ

KISS代表の平山です。私は元Sony Music音楽プロデューサーです。プロ志望の若者へメッセージを送っています。一般ボイストレーニングの正体はオペラ、声楽です。皆さんが目指すメジャーの世界とは正反対の指導を受けちゃダメだよ!歌えなく成るよ!

スクールはね、自分たちに都合の良い宣伝ばっかりしてしまう業態なんだ。良くボイトレ効果のお蔭でデビューできたかのような宣伝を見かけるけど、嘘だから騙されないようにね。

どうしてこんな事を伝えてるのかと言うと、私はSony Music音楽プロデューサーまで辿り着くまで、皆さんと同じ単なるプロ志望の若者だったからです。みんなの夢を追いかけてる気持ちが良く分かるから助けたいんだ。

プロになって冷静に周りを見ると、スクールが言ってることって嘘ばっかりじゃん。例えば作曲コース?音楽理論からスタートみたいなね!音楽理論なんか知ったら良い曲なんか書けなくなってしまうよ。音楽理論は壊すものだからね。

歌が上手く歌えない、活舌が悪い原因は蓄膿症ですよ!一般ボイトレはそれを悪化させてしまうからダメだよ!プロ志望だったらこのホームページを良く読んでごらん!

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン