腹式呼吸より吸える レッスンにて

みなさんこんにちは!高松校トレーナーの田村です。

新年早々高松校にて新たな動きです!

まだ本決まりではないので、ちゃんと決定するまでは内緒にしておきたいと思います。

上手くことが運ぶよう、いつもどおり全力を尽くします。

その腹式呼吸、本当に必要ですか?

またまた腹式呼吸の話題です。

なんだかすごく腹式呼吸を目の敵にしているように思われるかもしれませんが、否定はしません(笑)

実際要らないので。

自分が身をもって体験しているので、言い切れてしまいます。

もし今、腹式呼吸を一生懸命使ってポップスやロックを歌おうとしている方がいたら、ぜひ考えてみてください。

腹式呼吸を使わないで同じように歌えないか、と。

もしかしたら自分が必要性を感じる前に、インターネット上の情報やボイストレーナーの言うことをうのみにしてしまっていませんか?

歌っているときは、呼吸法なんか意識しないのが正しい状態です。

ですので、『腹式呼吸という呼吸法』に頼らないと成立しない歌い方は間違いだと言わざるを得ません。

ただし、ポップス・ロックに限った話です。

普通に吸った方が腹式呼吸より吸える

先日、とある生徒さんのレッスンで呼吸について解説していました。

生徒さんに実際に息を吸ってもらうのですが、もともとの出身のジャンルの影響で、かなり癖の強い腹式呼吸で吸っていました。

その生徒さんに、『腹式呼吸で吸った後に、さらに息を吸い込んでいってください』(←あえて生徒さんが理解しやすい言葉を選ぶのが私のスタイルです)と指示しました。

すると、外から見て分かるくらいお腹だけじゃなく胸にもしっかり空気が入っていくのが確認できました。

腹式呼吸がたくさん吸える呼吸であるならば、腹式呼吸のあとに普通に吸い込んでいけるのはおかしいですよね?

では一体何のために皆さんは、この不自然かつ浅い呼吸を頑張って習得しようとしているのですか?

腹式呼吸が本当に自分に必要かどうか、もう一度よく考えてみてください。(ちゃんと論理的に『必要だ!』という結論に至ることができた人を否定するつもりは全くありません!)

梅田校 共鳴トレーナー
田村

プロ歌手や声優志望者へのメッセージ

KISS代表の平山です。私は元Sony Music音楽プロデューサーです。プロ志望の若者へメッセージを送っています。一般ボイストレーニングの正体はオペラ、声楽です。皆さんが目指すメジャーの世界とは正反対の指導を受けちゃダメだよ!歌えなく成るよ!

スクールはね、自分たちに都合の良い宣伝ばっかりしてしまう業態なんだ。良くボイトレ効果のお蔭でデビューできたかのような宣伝を見かけるけど、嘘だから騙されないようにね。

どうしてこんな事を伝えてるのかと言うと、私はSony Music音楽プロデューサーまで辿り着くまで、皆さんと同じ単なるプロ志望の若者だったからです。みんなの夢を追いかけてる気持ちが良く分かるから助けたいんだ。

プロになって冷静に周りを見ると、スクールが言ってることって嘘ばっかりじゃん。例えば作曲コース?音楽理論からスタートみたいなね!音楽理論なんか知ったら良い曲なんか書けなくなってしまうよ。音楽理論は壊すものだからね。

歌が上手く歌えない、活舌が悪い原因は蓄膿症ですよ!一般ボイトレはそれを悪化させてしまうからダメだよ!プロ志望だったらこのホームページを良く読んでごらん!

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン