ボイストレーニングの危険性

歌が上手く成る健康的なボイトレ方法が完成しました。プロ 声優 趣味のカラオケ 話し方など、個人指導のボイスレッスンです。本当に効果があるから安いと東京や大阪で評判のボーカルスクールです。おすすめします。

「腹から声を出せ」そんなボイトレ、分からないですよね

「腹から声を出せ」そんなボイトレ、分からないですよね

みなさんこんにちは、大宮・東京・つくば校 講師の川本です。

先日、Yahoo!知恵袋で面白い質問を見つけました。

質問内容は画像にある通りです。

(実際の記事はこちらをクリック 「喉から声を出すな」)

この質問とその回答たちにはいくつか『議論すべき問題』が潜んでいるので、ちょっとお話していこうかなと思います。

① これまでのボイストレーニングはメソッドに一貫性がない?

まず、この質問主の方は 「ネットを見るとさまざまな意見がありますが…(中略)、どれが本当なのか困っています。」とおっしゃっています。

これは「ネットにはボイストレーニングに関する様々な意見が載っているが、どれも言っていることが違っていて、どれを信用していいのかわからない」ということだと思います。

これってつまり、『今までのボイストレーニングは一貫性がないものだった』ということではないでしょうか?

(※これより下、KISSでは喉を開けるなんて指導を絶対しないのですが、とりあえず上の質問に合わせた例となっております。勘違いにお気を付け下さい!)

私の考えですが、何かスキルを身につける場合、
例えば「上手に歌いたい(目的)← 喉を開く(手段)」 というように、「〇〇をするために△△をする」という導き方が必要だと思います。

逆に言えば「△△(手段)をすれば○○(目的)ができる」という、誰がやってもできること(再現性があること)が必須です。

この時、例えば喉を開くために、「力みやすいから力を抜く」とか「口を大きく開ける」とか、手段をより確実にこなすための方法については、その人によって状態(条件)が違うので異なってくるわけです。
(ちなみに、「力を抜く」とか「口を開ける」とかはテキトウです。知りません。)

ですが、根本的な△△(手段)の部分は普遍的であると思います。

もちろん、『手段』が一つでなければいけないという事ではありません。

「歌が上手くなる(目的)」のために、A・B・C…etc.の解決方法はあっていいでしょう。

だけど、その場合でもすべての方法において、①結果的に誰がやっても目的を達成できること ②A・B・Cの方法が矛盾しあわないこと(交差点を右に行っても左に行っても家に帰れます、とはならない) が必要ではないでしょうか?

今までのボイストレーニングは、複数の『手段』が矛盾しあっていたり、そもそも一つの手段でもぶれていたり…。
再現性も一貫性もなく、「信用できない」ものとなってしまったのではないかと思います。

「喉を開けて!(わからんし、喉の筋力とりあえず使う)」→「喉は使わないよ!力抜いて!」→「はい~??」となるわけです。。

②『手段』の定義が明瞭でない

この知恵袋の回答を見ていてもそうなのですが、今までのボイストレーニングって説明が抽象的だなって思います。

例えば「腹から声を出せ」っていうけど、それはどんな状態のことを指すのでしょうか?

ベストアンサーさんの、
「その指導者の感覚に沿って素直にやってみるとコツが掴めるんです。」
を完全に否定するつもりはないです。

実際私も教えていて、自分の感覚やイメージをお伝えすることで上達する生徒さんもたくさんいらっしゃいます。

だけど、感覚というのはあくまで個人に寄ってしまうものであり、それとは別に、全員が同じく理解できる定義というものが必要です。

例えば、KISSでは共鳴というものを基準にレッスンするわけですが、「共鳴ってなに?」と聞かれたときに、「なんかビリビリする感じ~。」で終わりはダメなわけです。なので、共鳴とは「声が大きく響いている場所のことである。(声を響かせて歌おう、ということではない。)」と定義しています。

また、KISSは頭式呼吸という『空気の流れ(目に見えないもの)』という点では感覚的に指導することもありますが、基本的には筋力の動きなど、誰がやっても練習すれば身につけられる説明で指導しています。

もちろん「今日習って、明日できる」というものではありませんが、再現性はあると考えています。

…と真面目に語ってしまったわけですが、何が言いたいかっていうと、歌が上手うなりたい方はぜひKISSに来てください。

うむ、宣伝です。笑

ちなみに余談ですが、オリエンタルラジオの中田さんはかつて、PERFECT HUMAN(パーフェクトヒューマン)を考えた際に最初「自分が歌いたい」と思ったそうですが、「いや、あんなペットボトル膨らませて歌が上手くなるとは思えない。ボイストレーニングは絶対行きたくない」と思ったそうです。

ご本人にお会いしたことないので分かりませんが、YouTubeなど見る限りかなり頭のいい方だと思うので、やはり今までのボイストレーニング論には矛盾を感じたんだろうな、と思います。笑

今日は珍しく真面目に書いてしまいました。。

さて、今日もレッスン頑張ります~(*ノωノ)

上尾 ボーカルレッスン
川本

プロ歌手や声優志望者へのメッセージ

KISS代表の平山です。私は元Sony Music音楽プロデューサーです。プロ志望の若者へメッセージを送っています。一般ボイストレーニングの正体はオペラ、声楽です。皆さんが目指すメジャーの世界とは正反対の指導を受けちゃダメだよ!歌えなく成るよ!

スクールはね、自分たちに都合の良い宣伝ばっかりしてしまう業態なんだ。良くボイトレ効果のお蔭でデビューできたかのような宣伝を見かけるけど、嘘だから騙されないようにね。

どうしてこんな事を伝えてるのかと言うと、私はSony Music音楽プロデューサーまで辿り着くまで、皆さんと同じ単なるプロ志望の若者だったからです。みんなの夢を追いかけてる気持ちが良く分かるから助けたいんだ。

プロになって冷静に周りを見ると、スクールが言ってることって嘘ばっかりじゃん。例えば作曲コース?音楽理論からスタートみたいなね!音楽理論なんか知ったら良い曲なんか書けなくなってしまうよ。音楽理論は壊すものだからね。

歌が上手く歌えない、活舌が悪い原因は蓄膿症ですよ!一般ボイトレはそれを悪化させてしまうからダメだよ!プロ志望だったらこのホームページを良く読んでごらん!

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン