• HOME
  • 日本文化は高音発声に向かない

日本人は外国人に比べて上唇からの顔面の筋力が動かないでしょう?能面みたいだよね?筋力は無意識で動いているようだけど、無意識で動かす為にはその筋力を動かして学習させてやらなきゃいけないんだよ。

自転車なんかの例が分かるだろう?小さいときに自転車に乗れなかった人は大人になっても乗れない。泳げなかった人も同じ。だけど小さいとき自転車に乗れた人は大人になっても大丈夫。体で覚えている・無意識の筋力習慣ができている、みたいなね。

そこで困ったのは日本文化。おくゆかしい日本人の顔面表情筋は使わないから固まったまま。いやー、歌に最悪文化ですよ。だから高い声が出なかった訳ですね。何故なら共鳴の位置が人間のチューニングに影響しているの。その位置は筋力の緊張部分に引っ張られる?比例するんだよ。

日本人は口から話しているでしょう?と言うことは共鳴は口の高さにあって、それは低音の発声に向いた話し方・筋力習慣。オペラの太い声の発声に向いているんじゃないかな?

だけどみんなはメジャーアーティストみたいなハイトーンボイスに憧れているんだよね?それは根本から違っていて、かれらは蓄膿症じゃないから頭部全体に空気が廻っているんだ。だから共鳴は頭部全体に分布している!但しメジャーアーティストでも洋楽レベルのアーティストの話だからね!日本人だとめったにいないかな?話し声も高いよ!

だけど勘違いしないで。日本人のあなたは「俺って話声が低いから高い声は無理」と思ってたりするけどそれは間違い。話し方・話す筋力習慣が間違っているから話声が低いだけ!そんなのKISSはさんざん直して来たから心配ないよ。

あー!アメリカンに生まれたかった。

  1. 人間も楽器と同じでチューニングが必要
  2. 日本文化は高音発声に向かない
  3. 蓄膿症を改善する方法を見つけた世界初の人間かも?
  4. ボイトレって曖昧にしない基準が必要だよね
  5. 蓄膿症の最新イメージ

NEWボイトレ法の目次へ戻る