歌って得する健康ボイトレ方法

歌が上手く成る健康的なボイトレ方法が完成しました。プロ 声優 趣味のカラオケ 話し方など、個人指導のボイスレッスンです。本当に効果があるから安いと東京や大阪で評判のボーカルスクールです。おすすめします。

喉を開く・軟口蓋を上げる??それはオペラで指導してる都合

一般ボイトレの正体はオペラだった!誰かが正すべき

頭式呼吸のページだけは読んで下さい。ボイストレーニングの秘密・前提条件を公開してあります。

一般ボイストレーニング業界はポップスの指導といいながら、オペラの発声を教えています。理由は音楽大学の声楽科卒業生が、勝手にボイストレーニング業界を作ってしまっていたからです。いわばオペラ発声方法を学んだボイストレーナーの都合からでした。 だけど彼らはポップスとは別ジャンルの関係のない方々です。私達メジャーのプロもまさか声楽を指導しているとは気づきませんでした…。

だけど皆さんはPopsを習っていたつもりですよね?ポップスとオペラの歌唱スタイルは正反対なので、逆効果になり歌いづらくなりますよ。

私はSony Musicで各種 オーディションの審査員を行ってきました。オペラ系主流ボイストレーニングを受けてきたオーディション参加者はすぐに分かりました。その理由は、ボイトレを受けた痕跡・クセが色濃く残ってしまうからです。 元々声楽の歌唱法の目的は、楽器と同じトレーニングで歌えるようにすることにあります。それはいわゆるオペラ歌手のような歌い方である単一の個性を作り出すトレーニングなのです。それは ポップスのオンリーワンの個性を尊重する方向性と、正反対の効果となって表れます。

一般ボイストレーニングはオペラの発声方法である以上、ポップスではデマとなっています

これからボイストレーニングを習おうかと考えている方は、大勢のボイストレーナーさんが言っているから正しいように思われるでしょう。そしてチェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイス、軟口蓋など、専門用語を駆使して説明されると、「ボイトレとはそういうな物かな?」と…。

ですがそのような専門用語は決して皆さんが目指すメジャーの制作現場のプロフェッショナル達が知りもしない、声楽・オペラの専門用語だったのです。皆さんが目的とするポップスとは畑違い・異分野の概念です。

  • あなたはオペラ歌手のように歌うことが目的でしたか?
  • 元々人間は歌っても苦しくならない構造で生まれています。
  • 苦しくなる原因は蓄膿症です。
  • 軟口蓋を上げても蓄膿症は治せません。

  1. 喉の開き方があくび?ボイトレの正体はオペラ
  2. 喉の開き方・軟口蓋を上げる??ボイトレの正体はオペラ!
  3. 喉が絞まる原因は副鼻腔炎、蓄膿症だと証明しました
  4. 軟口蓋を上げるはオペラに有効
  5. 軟口蓋を上げるのはポップスでは間違えです
  6. ロック・ポップスの喉の開き方
  7. 目次へ戻る