音痴はNEWボイストレーニングで治ります!

まずはこちらの動画をご覧ください。

一般的に音痴は「脳の音感」が間違っていると思われているようです。ですから先生はピアノを弾いて「この音を良く聴いて」と何度も練習させられていたでしょう。だけどそれで音痴が治った人はいないことを知っていましたか?1人も…。

何故なら歌ってるだけで副鼻腔炎や蓄膿症は改善できないからです。それどころか誤ったボイストレーニングは喉を締めあげる結果となって、蓄膿症を悪化させてしまうことでしょう。

腹式呼吸の肺活量を減ら逆効果と合わさると、更年期障害に悪影響を及ぼします。本当に危険ですよ。

ボイストレーニングの秘密1

音程は人間の呼吸機能に秘密がありました。頭部を笛や管楽器にイメージしてみて下さい。実は音程は、人間の頭部の呼吸経路と圧力で作られるものなのです。筋力はいらないので楽に謡えます。

その為には頭式呼吸で副鼻腔炎・蓄膿症を改善して行くしか歌が上手くなる方法はないのです。

喉を開く方法

ポップスのボイストレーニングは無かった

一般ボイストレーニングの正体はイタリアのベルカント唱法というオペラの発声方法でした。これはまだ世界的にポップスのボイストレーニング方法は生まれていなかったことを表しています。

残念ながらオペラ・声楽と、ポップス・ロックの発声方法は正反対の為、それを行うと歌えなくなってしまうことでしょう。それはインターネットが証明していましたよ。

Kissは共鳴ボイトレ法・ビフォーアフターをYouTubeで発表しました。その時に一般ボイストレーニングのビフォーアフターの数を数えていたのです。ねつ造が4つ。幼稚なトリックが1つ。後は上手くなっていない奨励が3つぐらい。

40年近く延べ人数で何万人というボイストレーナーさんがいて、たったの8例。1つも本当のビフォーアフターが無かったのです…。これは一般ボイストレーニングでは歌は上手くならないという逆証明でした。

私は元Sony Musicの音楽プロデューサーで、現役当時からボイトレ業界に違和感を感じておりました。ポップスにはポップスのボイストレーニングが必要です。それが頭式呼吸の共鳴ボイトレ法なのです。