歌う時の声量は…

こんにちは、山下です。
今日はかなり暖かくなりましたね。
昼間は20度まで気温が上がり暑いくらいでした。

みなさんはお花見しましたか?
私は、5年前から毎年一緒に行く友人がいて今年も一緒にお花見してきました。
毎回場所は変わるんですが、今回は日比谷公園で地元メシフェスというイベントをやっていたので、そこでいろんな地域の食べ物を食べながら桜を楽しみました♪
ちょうど少し気温が下がった日だったので、ちょっと寒かったですが…(^^;

ところで、みなさんは歌う時に声量を気にするでしょうか?
いろんな方の歌を聴いていると、口から力んで歌っている方はサビでボリュームが一気に上がって、耳に優しくない声になることが多いなと感じます。
本当に上手な方は最初から最後まで、サビで盛り上がるところでも耳に心地よく聴こえてきます。
でも決してボリュームが小さいわけではなくちゃんとマイクに声は乗っていますし、歌の中でのメリハリもちゃんとついています。
ボリュームの調整は、コツがわかるとできるようになってきます。

もっと、詳しく知りたい方、実際にトレーニングをしてみたい方は、ぜひKISSへいらしてください。
お待ちしています♪

山下

プロ歌手や声優志望者へのメッセージ

KISS代表の平山です。私は元Sony Music音楽プロデューサーです。プロ志望の若者へメッセージを送っています。一般ボイストレーニングの正体はオペラ、声楽です。皆さんが目指すメジャーの世界とは正反対の指導を受けちゃダメだよ!歌えなく成るよ!

スクールはね、自分たちに都合の良い宣伝ばっかりしてしまう業態なんだ。良くボイトレ効果のお蔭でデビューできたかのような宣伝を見かけるけど、嘘だから騙されないようにね。

どうしてこんな事を伝えてるのかと言うと、私はSony Music音楽プロデューサーまで辿り着くまで、皆さんと同じ単なるプロ志望の若者だったからです。みんなの夢を追いかけてる気持ちが良く分かるから助けたいんだ。

プロになって冷静に周りを見ると、スクールが言ってることって嘘ばっかりじゃん。例えば作曲コース?音楽理論からスタートみたいなね!音楽理論なんか知ったら良い曲なんか書けなくなってしまうよ。音楽理論は壊すものだからね。

歌が上手く歌えない、活舌が悪い原因は蓄膿症ですよ!一般ボイトレはそれを悪化させてしまうからダメだよ!プロ志望だったらこのホームページを良く読んでごらん!

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン

<!– /wp:paragraph —