ボイストレーニングの選択を誤らないで

ボイトレblog(新宿・渋谷・池袋)

こんにちは平山です。お蔭様で若手スタッフが頑張ってくれています。元々は皆さんと同じ「歌がヘタな生徒さん」でKissに来たのです。特別に才能があったと言うことではなく、私からみると素人さん・生徒さんでした。

ですけど今じゃみんなアーティストに育っているし、その他ではミュージシャン、さらにエンジニアーまでこなせるように成長しています。これは本当にすごいことなのです。

何故なら彼らはまだ若干21〜23才?まだ子供なのです。

私の23才はボイトレ教室に通ってしまった頃でした

ちょうどプロシンガーを目指して私がボイトレ教室へ通ってた頃だな!当時の私は大学を卒業したばかり。だけど、ずーと学生バンドをやっていて、ライブはしなかったけどオーディションに応募すると必ず全国大会へ出場。やっぱりライブの安定感がなく残念な結果に!

それでボイストレーニングに通ったのだけど、まさかオペラを指導されていたとは気づかなかったな。まだ素直な私は信じて腹式呼吸とか頑張ってしまったし…。そのお蔭で歌えなくなってしまったのだけど。オペラとポップスは同じ歌ではないよ!

ボイストレーニングの選択を誤らないで

もしKissの若手スタッフ達が一般ボイストレーニング(オペラ)を習い続けていたとしたら、皆さんどうなっいたと思いますか?

実際に彼らは他のボイストレーニング教室に通っていたのです。初めKissに来た時は…。皆さんと同じ生徒さんでした。

ここだけ読めばボイトレの謎がすべて解ける!

KISSが現代ボイトレの常識を根本から覆します。「生まれつき歌が上手い人」の秘密を是非一度お読み下さい。

喉を開いて高音で歌う方法

関連記事一覧

カテゴリー