プロミュージシャンを目指す若者達を社会で守ろう

ボイトレなぜなぜ (埼玉・大宮)

ネットの発達により誰でも情報を流せる時代になりました。私もその恩恵に預かって記事を書いている一人ではありますが…。

ボイストレーナーさんは私達メジャーの世界を想像だけで記事を書かれているようです。ですが自分達に都合良く書いた記事が目立っております。「プロだったらみんなやってるリップロール!」とか。

それに対しトップのプロミュージシャンが情報を発信することは少ないように思えます。今までメーカーにやってもらうことに慣れてしまったからかもしれません。このような状態ですから、素人の方達が流す誤情報のほうが圧倒的に多くなってしまい、勘違いが起こっているようです。多数決に慣らされた国民性ですから。

何故こんな記事を書いているのかというと、プロを目指す若者達を少しでも守りたいからです。メジャーの世界ではオペラの発声は通用しません。気づいた時には手遅れにならないように気を付けてください。私も20代前半に気づかないまま、腹式呼吸にはまってしまい手遅れになってしまいました。自分と同じ失敗をさせたくないのです。


  1. プロ歌手はボイトレをやっていません
  2. プロ歌手は見た目は同じ人間でも内部構造が違っていた!
  3. メジャーとボイトレは畑違いの業界
  4. プロミュージシャンを目指す若者達を社会で守ろう
  5. ボイストレーナーが悪い訳ではありません…
  6. ポップスのボイストレーニングは誕生していなかった!
  7. OLDボイトレの効果は残念ながら無い
  8. ボイトレ批評の目次へ戻る
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

ボイス トレーニング本・ボイトレ本 Amazon Kindle 発売中 iPhone Android Windows iOS

共鳴ボイトレ法

「頭式呼吸」共鳴ボイトレ法・ポップスと声優!ボイストレーニング誕生 Kindle版

KISS MUSICはステルスマーケティングのような自作自演の口コミ宣伝を行いません。 もし行ってしまうと私達の研究結果や真理が疑われてしまうからです。