プロ歌手と声優は【生まれつき鼻腔共鳴】です

鼻腔共鳴の方法は鼻づまりを改善することです

  • HOME
  • プロ歌手と声優は【生まれつき鼻腔共鳴】です

home / ボイストレーニングとは / 鼻腔共鳴の方法 /鼻腔共鳴はできないが当然

プロ歌手と声優は【生まれつき鼻腔共鳴】です

「鼻腔共鳴」と言われると何か特別なテクニック?のように聞こえてしまうかもしれませんね。だけど健康な人間なら鼻腔共鳴できることが正常です。できない日本人8割以上が異常でした。

日本人は蓄膿症予備軍8割以上・ためしてガッテン

過去の病気と思っていた蓄膿症が、今でも年間1000万人発症しています(急性の蓄のう症=急性副鼻腔炎を含む)。そして、蓄膿症になりやすい人、いわば予備軍はなんと1億人! 鼻水、鼻づまりが蓄膿症に悪化しないようにご注意を!引用元: NHKためしてガッテン【日本の人口は1億2600万人】

引用元: NHKためしてガッテン

生まれつき歌が上手い人と下手な人の違い

図2.鼻腔共鳴が初めからできる正常な人のCT画像。

ボイトレの秘密1

上の画像をご覧ください。この方は副鼻腔が正常で「歌い易いので歌が上手い人」だと思われます。歌が得意なメジャーアーティストやボイストレーナーがこのタイプです。

「鼻腔共鳴」は宣伝キーワードとなった訳ですが、全て「鼻腔共鳴という漢字」から連想されたイメージです。

図3.ボイストレーナーさんの宣伝に影響されやすい8割以上のCT画像。

ボイストレーニングの秘密1

続いて上、図3の画像をご覧ください。この方は副鼻腔が膿で埋まっています。「歌いにくい」ので高い声が苦手な人だと思われます。きっと「ボイストレーニング、腹式呼吸、ミックスボイス」と検索していたことでしょう。これが「喉が絞まって歌が下手な人」の原因です。

ようは「歌が下手な原因・歌って喉が絞まる原因」は病気です。ボイストレーナーさんは喉を開く方法を「あくびや軟口蓋を上げる」などイメージばかりです。あくびで蓄膿症は改善しません。

重要

人はアレルギーで副鼻腔炎などになると、2度と上手く歌えないメカニズムでした。何故なら蓄膿症とは毎日膿が溢れて溜まって行く一方の病気だからです。でも大丈夫、ビームトレーニングの「東京ボイトレ法・とうしき頭式呼吸」で改善できます。

東京ボイトレ法・頭式呼吸こそ鼻腔共鳴の本当の方法です。

頭式呼吸®の全体像から

 

本当の鼻腔共鳴の方法

 

1.東京ボイトレ法の強制デトックス

・頭部の中を開くポイントを段階的に指導していきます。

2.普段からのデトックス

・東京ボイトレ法の基礎スタート時に、第1段階のデトックス・KISS独自の鼻うがいを指導させて頂きます。

3.自発的なデトックス

・レッスンの進行とともに麻痺が少しづつとれ、蓄膿の被膜の違和感を感じ始めます。そると自発的にその違和感を取りたい感覚が訪れるでしょう。

だけどポップスのプロは鼻腔共鳴を意識しで歌っていません

何故ならメジャーアーティトはボイストレーニングの未経験者ばかりですから。まれに経験があってもボイストレーニングのお蔭で歌が上手く成ったのではありません。アレルギー体質ではなかったので「鼻腔が詰まっていない」人だったのです。

ですからポップスのプロアーティスト達は鼻腔共鳴を意識して歌っていません。彼らは「生まれつき歌が上手い人」であり、鼻が初めから詰まっていないだけです。

プロ歌手や声優志望者へのメッセージ

KISS代表の平山です。私は元Sony Music音楽プロデューサーです。プロ志望の若者へメッセージを送っています。一般ボイストレーニングはオペラ、声楽です。皆さんが目指すメジャーの世界とは正反対のジャンルの発声方法です。

歌が上手く歌えない、活舌が悪い原因は蓄膿症ですよ!今までのボイストレーニングはそれを悪化させてしまうから危険です!プロ志望だったらこのホームページを良く読んで下さい!

頭式呼吸についてはこちら、東京ボイトレ法の頭式呼吸

喉を開く方法
ボイストレーニング 本