英語の発音が悪い原因と解決策

英語が発音が上手く発音できないのは蓄膿が原因かも!?KISSのボイトレは歌だけのものではありません。その悩み、頭式呼吸が解決します。

  • HOME
  • 英語の発音が悪い原因と解決策

日本人の多くはなぜ英語の発音が下手なの?

 
 
英語 ボイトレ

NEWボイストレーニング教室KISSが「ボイトレ」という観点から考えてみます。

原因① 日本語と英語では筋肉の使い方が違う

英語圏の方の顔の動きを見たことがありますよね?日本人のそれとは明らかに動き方が異なります。
一般的に
表情筋と言われる頬の筋力や、眉毛・目のあたり、唇までよく動くなぁと思いますよね。

英語 発音

日本語は、口先だけで話しても正確に伝わりやすく、ほとんどの人が省エネモードで話しています。国民性もあるのかもしれませんが…逆に、英語は微妙な発音の違いで意味が大きく異なる場合が多く、顔の筋力をしっかりと働かせて、はっきり発音を作ってあげる必要があるのです。

日本語しか話してこなかった人にとっては、それまでほとんどまともに使ったことのない筋力を動くようにしなければならないので、いきなり綺麗に英語を発音できないのは当然のことです。

でもそれだけ分かってしまえば、ただ筋トレをして英語に必要な筋力が動くようにすればいいだけなのであとは簡単です。多くの人が英語圏に長く住むと英語的な筋力の動かし方に慣れて、発音が良くなりますよね。

【対処法①】

ネイティブの顔やベロの筋力の使い方を、見て聞いてコピーするように繰り返し話したり歌ったりする。

英語の発音を良くするには、洋楽を歌って単語同士の繋がり方(リンキング)に慣れながら、必要な筋力を動くようにしてあげることが有効です。ボイストレーニングは歌の為だけのものではありません。

「そんなことは誰でも分かる」という声が聞こえてきそうですね(笑)そうです。英語の発音は、これをいくら頑張って練習してもなかなか上達しない人、耳で聞こえてもなかなか身体で再現できない人がいるのです。これからその根本原因と対処法をお伝えします。

原因② 蓄膿が原因でベロが癒着して正常に動いていない

英語を正確に発音するためには、「ベロ」の働きがとても重要です。英語には「L、R」 や「th」など日本語では区別がなかったり、そもそもない動きだったりするものがいくつもありますよね?

突然ですが…

Q. 口を閉じてリラックスしている時、あなたのベロの先端はどこについていますか?

下の歯の裏ですか?どこにもつかず浮いていますか?上歯茎ですか?

口を閉じている時、人間本来の正常なベロの先端位置は上歯茎です。(参照:『歯科医が教える 歯ヨガ』小島理恵)

英語の発音には、日本語では必ずしも必要ではない顔面・ベロの動きが必要です。特に口の中でベロが当たる発音の時、ベロがどこに触れているかによって子音が立つか、潰れた音になるか等、聞こえ方が変わってきます。

でも…
KISSにいらっしゃる生徒さんや、多くの日本人のベロの位置は本来の健康な状態よりも低く(下の歯の裏など)、自由に動いていません。

なぜでしょうか。これはほとんどの場合、単なる筋力習慣だけの問題ではないのです…。

日本人の9割近くが蓄膿症予備軍とする医学データを知っていますか?

過去の病気と思っていた蓄膿症が、今でも年間1000万人発症しています(急性の蓄のう症=急性副鼻腔炎を含む)。そして、蓄膿症になりやすい人、いわば予備軍はなんと1億人! 鼻水、鼻づまりが蓄膿症に悪化しないようにご注意を!引用元: NHKためしてガッテン【日本の人口は1億2600万人】

引用元: NHKためしてガッテン

え?知っているもなにも、蓄膿(鼻づまり)とベロって関係あるの?と思いましたか?
大アリです。蓄膿とは実は鼻だけが詰まっている病気ではありません。膿は重力でどんどん体の下の方へと垂れて溜まっていきます。肛門までつながっていると言われているベロは、特に首の中で膿(痰)によってはりついて不自由になっているのです。

いくら言葉で説明しても分からないだろうことは承知していますが、要するにいくら発音の練習をしても上達しないなら、そもそもの体の機能に難があり、その原因は蓄膿症や副鼻腔炎といったものが考えられます、ということです。
根本的にベロを自由に使えるようにしてから発音の練習をすれば、間違いなく良くなりますよ!

NEWボイストレーニング教室KISSでは、歌を用いた健康法(頭式呼吸®️)をお伝えしています。もちろんベロも正常に動くようになり、(頭式呼吸®️の詳しい説明はこちら)健康になった分だけ歌が上手くなります。そしてKISSのボイトレは、歌だけでなく日常の話し声や英語の発音にも良い影響をもたらすのです。
歌に興味がない方でも、健康の為・ビジネス上のプレゼンで声が通るように・英語の発音を改善したい、などなど様々な方がいらっしゃいます。

【対処法②】

頭式呼吸®️のデトックスを用いて身体(特にベロ)を正常な状態に戻す。

喉を開く方法
ボイストレーニング 本