YouTubeでオーディション妄想

ボイトレblog(新宿・渋谷・池袋)

こんにちは、平山でございます。

今日はYouTuberになる妄想のお話になります。

お陰様でKISSは歌がへただった人が本当に上手くなっております。

それをYouTubeで発表できないかな?と日頃から考えておりました。

 

例えば基準別のオーディション

何もプロを目指した「歌が上手いことを競うオーディション」ばかりでは無くても良いのではないでしょうか?

はじめKISSに来た時から「どれだけ変わったのかを競う基準でのオーディション」とか。

それもエントリー基準をそれぞれ設ければ、音痴だった人も参加できますよ。

  • 音痴だった人がどれだけ変わったかオーディションとか!
  • 普通に下手だった人がどれだけ変わったかオーディション。
  • 最初から上手かった人が、どれだけ変わったのかオーディション。

要は基準を設ければ「プロ志望者」だけでなく、たくさんの方にエントリーして頂けるかもしれません。

特に「音痴だった人がどれだけ変わったのかオーディション」は面白そうですよね。

ボイストレーニング教室の本当の発表会

ごめんなさい。Sony 現役当時、新人発掘をしていた時の感想です。

ボイトレ教室にはプロを目指した人達、「歌の上手い人」がいると勘違いしていました。

歌が得意だったら「ボイストレーニングの必要がない」ことに気が付かなかったのです。

もー、ボイストレーニング教室の発表ライブに行くのはコリゴリです。

だけどKISSの生徒さん達、「本当に上手く成ってるな」と思うのです。

歌を聴いていると「嫌じゃない」ですから。

プロレベルかと言うと、トップアーティストにはかなう訳ありませんが、「こんなプロもいるよな」ぐらいの歌を歌う生徒さんが増えてきているのです。

KISSの発表ライブをwebオーディション形式でしていったら、面白いかもしれませんね。

その中からメジャーデビューへつながったら最高ですよね。

イヤー妄想ですけど…、だけど今まで不可能を可能にしてきた人間なので。

面白そうか?大変か?んー、面白そうかも…。

ここだけ読めばボイトレの謎がすべて解ける!

KISSが現代ボイトレの常識を根本から覆します。「生まれつき歌が上手い人」の秘密を是非一度お読み下さい。

喉を開いて高音で歌う方法

関連記事一覧

カテゴリー