いわゆる歌の発声練習方法とは、「歌を練習すれば上手く歌えるようになる」イメージの下、行われてきたのだと思います。私はいろいろな現場を経験してきたので…。生まれつき歌が上手い人がデビューしているだけだと思います。だからこそポップスの歌が上手く成りたいのなら、生まれつき歌が上手い人と同じ状態を目指す専用ボイストレーニングが必要だと考えたのです。
https://youtu.be/dWL15YFEG2E

生まれつき歌が上手い人と下手な人の違い

「何故生まれつき歌が上手いのだろう?」と掘り下げて行きました。歌が上手い人は鼻の高さから、下手な人は口から歌っていた。それでは何故「歌が上手い人は鼻の高さで歌えるのか?」、それが謎でした。そして結局私はその謎を解いてしまったのです。 歌の基礎なら「腹式呼吸」と言われて「お腹ばかりに」意識を誘導されてしまった為に、本来ポップスで一番重要な頭部の呼吸感覚を奪われてきました。オペラとポップスは正反対なジャンルなので、オペラの発声練習方法をポップスに応用することは、間違いです。