1. 頭式呼吸・とうしきこきゅう(商標登録)
  2. 蓄膿症予備軍1億人以上
  3. 頭式呼吸と蓄膿症改善率
  4. 喉を開く方法〜頭式呼吸
  5. 高音で歌う確実なNEWボイストレーニング方法
  6. 喉が開いた感覚とは

その鼻づまりが危険!蓄膿症予備軍1億人以上、人口85%以上

過去の病気と思っていた蓄膿症が、今でも年間1000万人発症しています(急性の蓄のう症=急性副鼻腔炎を含む)。そして、蓄膿症になりやすい人、いわば予備軍はなんと1億人! 鼻水、鼻づまりが蓄膿症に悪化しないようにご注意を!


引用元: NHKためしてガッテン

腹式呼吸のオリジナルはヨガでした。

ヨガの腹式呼吸は安全なのですが、歌の腹式呼吸は不完全なコピー商品みたいなもので危険です。腹式呼吸は「歌の基礎」ではありませんよ。音大の声楽科卒業生「がオペラを指導する都合」で広めた、「ボイトレ業界の宣伝の基礎」です。

ボイストレーニングの秘密1

ボイトレに興味のある皆さんは蓄膿症の予備軍の可能性が高い方です。ですが図3の方ほどひどくありませんから安心して下さい。だけどこのまま歌い続けると、10年後20年後は危険かもしれませんよ。何故なら蓄膿症は進行していくばかりだからです。詳細は「腹式呼吸のルーツはオペラ!【やり方・練習・腹筋・横隔膜・歌い方】の危険性のページで説明させて頂いております。

一般のオペラのボイトレを習ってしまって…

ボイトレ正しい姿勢の違い
ボイトレ正しい姿勢の違い

私は若いころボイストレーニングがオペラとは気づかずに腹式呼吸を頑張ってしましました。そして40を過ぎたころにはお医者様も驚くほどの、睡眠時無呼吸症候群の重度な患者になってしまっていたのです。図3.の方は窒息死寸前と思われます。私も自分で「頭式呼吸」に気づいていなければ既に倒れていたかもしれません。

実は大手のボイストレーナーコースで資格をとって、ボイストレーナーになった方の多くも私と同じ蓄膿症タイプだと思われます。腹式呼吸は呼吸の筋力習慣を変えて、直ぐに呼吸を浅くします。そして呼吸意識をお腹だけに誘導してしまい、その他の人間本来の呼吸器の感覚を奪ってしまうのです。腹式呼吸は人間の呼吸機能の1/4にしかすぎません。肺活量は確実に減ってしまいますよ。

ボイストレーナーさんも気を付けたほうが良いと思います。