belcanto
  • ちょっとでも軟口蓋を上げると、喉を広げようとする筋力が働きます。
  • すると共鳴の位置は軟口蓋の付近に引っ張られ、声はオペラ歌手のように太くなります。
  • これは太い声で歌うことを美徳とするオペラの価値観にマッチした喉の開き方なのでしょう。
  • またオペラでは後頭部に声を引っ張るように指導しているので、頭蓋骨の後方に共鳴を置くことと合致します。
  • これはオペラの喉の開き方だと思われます。(オペラの専門家ではないので断定できません)