• HOME
  • 逆腹式呼吸の存在

「ドイツ唱法の腹式呼吸、逆腹式呼吸」について説明します。

  • 先に述べましたが、日本のクラシックの声楽界はイタリアのベルカント唱法が主流です。その腹式呼吸は、「空気を吸う時にお腹を前に出して、吐くときにへこませる」ようです。
  • それに対しドイツ唱法の存在があります。「空気を吸う時にお腹をへこませ、吐くときに膨らませる」、正反対の動きだそうです。ですから「逆腹式呼吸?」と表現しているようです。

腹式呼吸にはイタリア式とドイツ式の2通りの方法があったと言うことです。そしてそれぞれの筋力の使い方は正反対なのです。それでは重要な質問をします。どちらが健康に良いのでしょうか?どちらが歌に適しているのでしょうか?

  • 答えは、イタリアオペラにはイタリア式の腹式呼吸で、ドイツオペラにはドイツ式腹式呼吸で、呼吸法を変えて歌うことです。

それではさらに質問します。同じオペラのジャンルでも呼吸法を分けているのに、何故ポップスではイタリア式の腹式呼吸が、「歌の基礎だから」と指導されているのでしょうか?

  • まだ世界にポップスのボイストレーニングは誕生していなかったのに、ポップスとは畑違いの声楽系の方がオペラを応用して先に始めてしまったからです。
  • 日本の声楽界はイタリアオペラ、ベルカント唱法が主流です。
  • ポップスやロックとは無関係、ベルカントを習ったボイストレーナーさんの都合で、「腹式呼吸は歌の基礎と肯定されていた」だけです。

今後、オペラを応用したという言葉の使い方が問題に?

「応用」という言葉の使い方の曖昧さが問題になります。「応用して別物のポップスのボイストレーニングを作った」と言い換えられるからです。では質問します。あなたは何か応用するときに、わざわざ遠い正反対のものから応用したりするでしょうか?

  • オペラ → ミュージカル → ゴスペル → ジャズ → 演歌 → フォーク → (ロック ・ポップス ・ ハウス)

もしジャズの発声方法が確率されていたら、よりポップスに近いそこから応用した方が楽そうではないですか?実は世界には、「学問として成立していた発声方法は声楽しかなかった」のです。ですから正反対のオペラを応用するしかなかったのでしょう。言葉とは自分に都合よく「応用」と言い換えることができてしまうものです….。


  1. 肺活量が減る呼吸法の危険性
  2. 腹式呼吸のルーツはヨガ
  3. 腹式呼吸は危険
  4. 腹式呼吸で最大肺活量を実験
  5. 最大肺活量の基準から腹式呼吸の矛盾を解く
  6. 外見は同じに見えても呼吸の質が違う
  7. 腹筋・横隔膜・発声方法の矛盾
  8. 逆腹式呼吸の存在
  9. ベルカントとWikipediaで検索