腹筋を鍛える

  • 「腹筋を鍛えなさい」と良く指導の言葉を聞きますが、ポップスのプロの現場では一度も聞いたことがありません。(ライブハウスでは良く聞いた)
  • 腹式呼吸を熟知しているハズの太ったオペラ歌手の方も、腹筋を鍛えているのでしょうか?「インナーマッスルが…」。証明できない返答は認められません。

横隔膜

  • まるで横隔膜が呼吸のエンジンのように言います。だけど肺も首も頭部も同じ呼吸のエンジンで、「ふいご」のようにその全体で呼吸しているのです。
  • 腹式呼吸はマイクを使わずに大声量で歌うオペラの目的の為に発達した呼吸法です。
  • 蓄膿症が進むと呼吸機能が固まり横隔膜も動かなくなっていきます。

歌い方

  • もし腹式呼吸を利用してポップスを歌うと、「宝塚歌劇団のような歌」になるハズです。(ミュージカル調という良い意味で引用させて頂きました)
  • ポップス指向のあなたはそういった発声を求めているのでしょうか?
  • ボイストレーナーさんから、「腹式呼吸がマスターできていれば無意識に働いているもの」と、ウヤムヤに説明されていませんか?
  • 腹式呼吸は「筋力で支えて大声量で歌う意図的な呼吸法」なので、無意識に利用することはできません。
  • ボイストレーナーさんご自信で歌っている動画を見ても普通に歌っています。矛盾していませんか?

「歌の基礎なら腹式呼吸」じゃないと言うことです。実際多くのボイストレーナーさんも「ポップスと腹式呼吸の矛盾」を感じていると思われます。但し「腹式呼吸=ベルカント唱法」なので、もし腹式呼吸を否定してしまったら、自分達のメッソド自体を否定することになってしまうのです。ボイストレーニング業界にとって腹式呼吸は最大の宣伝文句でしたが、同時に「最大の矛盾点」を宣伝して来たのかもしれません。


  1. 肺活量が減る呼吸法の危険性
  2. 腹式呼吸のルーツはヨガ
  3. 腹式呼吸は危険
  4. 腹式呼吸で最大肺活量を実験
  5. 最大肺活量の基準から腹式呼吸の矛盾を解く
  6. 外見は同じに見えても呼吸の質が違う
  7. 腹筋・横隔膜・発声方法の矛盾
  8. 逆腹式呼吸の存在
  9. ベルカントとWikipediaで検索