オペラは矯正・ポップスは個性

ギター教室に不信感はないけどボイトレには一杯でしょう?みんな何だかウサン臭いと思っているのは何故だと思う?その正体がクラシックの声楽だったから!腹式呼吸はYogaでミックスボイスはフランスオペラだし。社会全体で犠牲になってる純粋なプロ志望の若者達やカラオケファンを守らなきゃ!

  • HOME
  • ベルカントとWikipediaで検索
現代における「ベルカント」の用法 現代では「ベルカント(Bel Canto)」なる語は一般的にはその歴史的背景は無視され、美声、声量、技術、表現力を兼ね備えた理想的なイタリア式の声楽発声法・歌唱法(様式)といった文脈で用いられるが、オペラ研究家にとってこの用語は15世紀末から18世紀にかけてイタリアで発達し、19世紀前半のロッシーニオペラでほぼ完成の域に到達した、高度な歌唱装飾を伴う声楽歌唱の一様式を示すことが多い。また、ロッシーニのほかに、ドニゼッティやベッリーニなどの19世紀前半のイタリアオペラを特に「ベルカント・オペラ」と呼ぶことがある。 日本では特に90年代頃から(?)ポップスのトレーナーなどにも使用されるようになり一般にも広まったようだが、その多くがコーネリウス・リードの著書「ベルカント唱法」の解釈を踏襲するものである。voce de finte や messa di voce 等ベルカント特有の言葉の意味も同様で、これらは「リードのベルカント」と呼んで分けたほうが無難ではある。 引用元: ウィキペディア

本当の声楽の方々も、「ポップスのボイストレーナーさんのベルカント唱法とは分けて下さい」と、わざわざおっしゃっているのが確認できます。余談ですが、声楽を習っていた方がポップスの歌い方に戻す為にボイストレーニング教室の無料体験に周られたそうです。全てベルカント唱法のものまねだったと憤慨されていました。

3つお伝えしたいことがあります

  1. オペラとポップスの指向性と価値観は正反対です。ですからオペラの発声方法をポップスへ応用することはできません。もし反対に私達メジャーの人間がオペラの発声に対して口を出したら、「畑違いの人間が口出しをしていること」になってしまいます。決してそのような失礼なことをポップスの人間は誰もしておりません。
  2. 呼吸の入口である副鼻腔が詰まっていたら、空気は吸えないし吐けもしません。腹式呼吸の先に蓄膿症を改善し、「頭式呼吸」ができていることが歌の前提条件です。
  3. 蓄膿症予備軍1億人以上の日本人には、基礎呼吸までを壊してしまう腹式呼吸は非常に危険です。みなさんも安易な腹式呼吸の宣伝に惑わされず、もう一度見直して下さい。さらにご家族やご友人の健康を守る為にも、早急にポップスにおける腹式呼吸の誤った常識を訂正するべきだと思います。

※健康法のインドヨガや声楽の腹式呼吸は、その前提条件や指向性に合った方法で行われています。


  1. 肺活量が減る呼吸法の危険性
  2. 腹式呼吸のルーツはヨガ
  3. 腹式呼吸は危険
  4. 腹式呼吸で最大肺活量を実験
  5. 外見は同じに見えても呼吸の質が違う
  6. 腹筋・横隔膜・発声方法の矛盾
  7. 逆腹式呼吸の存在
  8. ベルカントとWikipediaで検索