オペラは矯正・ポップスは個性

ギター教室に不信感はないけどボイトレには一杯でしょう?みんな何だかウサン臭いと思っているのは何故だと思う?その正体がクラシックの声楽だったから!腹式呼吸はYogaでミックスボイスはフランスオペラだし。社会全体で犠牲になってる純粋なプロ志望の若者達やカラオケファンを守らなきゃ!

  • HOME
  • 東京と梅田から矛盾ばかりのボーカルレッスン
  • 腹で支える意味をボイストレーナーさんに尋ねると、「みたいな感じ、イメージ」と言う「曖昧な言葉」がかえってきます。
  • 多人数の合唱の概念の声区でポップスを説明しています。ポップスはkeyを変更するという初歩を見落としています。
  • 軟口蓋を上げる?オペラは太い発声がカッコイイですが、ポップスは浅い声が魅力的です。
  • 「お尻の穴を絞めて正しい姿勢」で歌いなさい!基礎だから…。いえいえポップス・ロックは「ラフな姿勢」が基本です。
  • 決定的なポップスとオペラの違いは、実はグルーヴ(リズムの乗り)にあります。(多分プロレベルでないと分からないので、ここでは説明を控えます)
  • 初めから歌が上手い人をデビューさせたという宣伝が、ボイトレの効果のように錯覚させているのかもしれません。

矛盾の無いオペラの発声方法

  • 腹式呼吸は大きなホールでマイク無しで大声量で歌うのに適しています。
  • 但し現代は腹式呼吸を重要視しない風潮になりつつあるようです。
  • Keyを変更することはなく譜面を尊重しています。
  • 軟口蓋をあげるとオペラの太い素晴らしい発声になります。
  • 真っ直ぐ正しい姿勢で歌われる姿は、クラシックの伝統を感じさせます。
  • 誠実で正直な方が多いです。(この方達は話せば分かって頂けます)
  • オペラの効果的な発声方法は証明されています。

オペラの音大生の都合が一方的過ぎたのでは?

KISS MUSIC の主張を「絶対認めないぞ!」と読んでしまわれた方、何故そのような体制なのか一度考えてみて下くれませんか?もしかすると自分を正当化する為に「発声法は全て共通である」と、言いたい理由があるのではないですか?もしKISSにそのようなことが起こった時、相手の声に耳を傾け真剣に考えます。その理由はスタートを間違えると後が大変だからです。ですから今回は30年ポップスを研究し、実際にプロの世界を経験・確認し、「オカシイ」と思い、10年かけて共鳴ボイトレ法を研究したのです。思い付きで反意を述べている訳ではありません。

ポップス発声方法の進化の過程でアンチテーゼの役割が必要だと確信しております。逆に言うと、今までのボイストレーニング業界の宣伝と主張が、一方的過ぎたのではないでしょうか?


  1. 批評批判して申し訳ありません
  2. Sony Music 音楽プロデューサーがボイトレ業界を批評批判する
  3. 矛盾ばかりのボーカルレッスン
  4. リップロールが効果ある訳ないでしょう?
  5. 正しい姿勢・OLDボイトレとNEWボイトレの違い
  6. ボイトレ批評の目次へ戻る