ボイストレーニング教室を選ぶ前に

ギター教室に不信感はないけどボイトレには一杯でしょう?みんな何だかウサン臭いと思っているのは何故だと思う?その正体がクラシックの声楽だったから!腹式呼吸はYogaでミックスボイスはフランスオペラだし。社会全体で犠牲になってる純粋なプロ志望の若者達やカラオケファンを守らなきゃ!

  • HOME
  • ボイストレーニング教室を選ぶ前に

※私は元Sony Music音楽プロデューサーです。こちらは過去の記事になります。当時は本当のことを皆さんに伝えたくて口調の強い批評となってしまいました。全て根拠を踏まえた事実ですから批判は一切しておりません。ですが年を取って少し丸く成ったのでしょうか、また新型コロナウィルスの影響でしょうか。「真実だけでは世の中を動かせないものだ」と悟りました。

オペラの発声法をポップスのボイストレーニングとして指導することはデマとなります。私はポップスの専門家として「発言しても許される立場」にあるはずです。ですが腹式呼吸やミックスボイスが持てはやされて来た背景には、ニーズや理由があったのでしょう。何故なら誰も本当の発声メカニズムを解き明かせていなかったのだから。

その反面デマ情報に振り回されて「歌えなくなってしまった方々が多い」のも事実です。ですからこの過去記事は今後も役立つ情報となりえるので、削除せずに残しておくべきだと思いました。

ボイストレーニング業界は正常化して行く途中にあります。それはこの先何十年もかかるかもしれません。それまでニーズがある以上オペラのボイストレーニングも認めようかと…。協力しながら自分達も成長して行く道を進もうと、今は思い直した次第です。 2020/6/19

世界初のポップスのNEWボイストレーニング宣言!

元Sony Music 音楽プロデュイーサーが世界初のポップスのNEWボイストレーニングを開発しました。歌がヘタな原因は蓄膿症です。それを改善して歌いやすくする為の共鳴ボイトレ法・頭式呼吸はその効果を証明完了しております。

他人の悪口を言うと自分自身の品位も下がってしまうことは知っております。ですが常識や価値観は時代と共に変化します。今は皆さんに分かっていただけなくても、時代が変わった時にKISSの功績は評価されるかもしれません。ボイトレ業界が健全になれば必ず社会貢献になるからです。見て見ぬフリをして通り過ぎるよりも、これからは堂々と主張していく道を選びました。

思いつきで批判しているのではありません。前人未踏の歌の秘密を解明しました。そして「共鳴ボイトレ法・頭式呼吸」を全て書籍で公開しました。YouTubeでは、「正真正銘のボイストレーニング・ビフォーアフター」でサンプルも公開しました。

その目的はメジャー志望の若者や声優志望者の夢を守るため。カラオケファン、ボイストレーナーさんの健康を守るため。そして、ボイストレーニングをPopsの人間の手に取り戻すためです。オペラはオペラの発声方法を。ポップスはポップスのボイストレーニングを。音楽を愛しているのなら、それがあるべき形でしょう。

Pops&Rockとは別ジャンルのクラシックの人が作ったボイストレーニング業界に反対します

メジャーアーティストの殆どがボイストレーナーに転身していない理由は、ボイストレーニング経験がない・習っていないからです。「知らないことは教えられない」と純粋なアーティストは述べています。

それに対しポップスのプロではない素人の方達(ボイストレーナー)が、ポップスを知っているかのように指導しております。その理由はボイストレーニングを習った経験があるからです。経験があるからボイストレーナーを目指されたのです。

但し習ったものはクラシックのオペラでした。「腹式呼吸、胸式呼吸、チェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイス、ミックスボイス(フランスオペラ)、軟口蓋を上げる、声区、融合、リップロール、etc.」のキーワードを多用される理由がそこにあります

ボイストレーニング業界は世界的にクラシックの音大生が勝手に作ってしまった業界です。ですがオペラを応用したスタートから間違っています。それはインターネットが証明していました。アメリカのボイストレーニング教室から日本に広まって45年、その間に延べ人数で何万人と言うボイストレーナーさんがいらしたハズです。

有名なアーティストを指導したという宣伝は見つかっても、「下手だった人が上手くなったという信頼できる Before Afterの証明」が1つも見つからなかったのです。これは証明0に対して分母の数が多すぎませんか?反対にねつ造されたBefore Afterはたくさん見つかりました。何故ねつ造が必要なのでしょうか?

矛盾ばかりのボーカルレッスン

  • 腹で支える意味をボイストレーナーさんに尋ねると、「みたいな感じ、イメージ」と言う「曖昧な言葉」がかえってきます。
  • 多人数の合唱の概念の声区でポップスを説明しています。ポップスはkeyを変更するという初歩を見落としています。
  • 軟口蓋を上げる?オペラは太い発声がカッコイイですが、ポップスは浅い声が魅力的です。
  • 「お尻の穴を絞めて正しい姿勢」で歌いなさい!基礎だから…。いえいえポップス・ロックは「ラフな姿勢」が基本です。
  • 決定的なポップスとオペラの違いは、実はグルーヴ(リズムの乗り)にあります。(多分プロレベルでないと分からないので、ここでは説明を控えます)
  • 初めから歌が上手い人をデビューさせたという宣伝が、ボイトレの効果のように錯覚させているのかもしれません。

矛盾の無いオペラの発声方法

  • 腹式呼吸は大きなホールでマイク無しで大声量で歌うのに適しています。
  • 但し現代は腹式呼吸を重要視しない風潮になりつつあるようです。
  • Keyを変更することはなく譜面を尊重しています。
  • 軟口蓋をあげるとオペラの太い素晴らしい発声になります。
  • 真っ直ぐ正しい姿勢で歌われる姿は、クラシックの伝統を感じさせます。
  • 誠実で正直な方が多いです。(この方達は話せば分かって頂けます)
  • オペラの効果的な発声方法は証明されています。

オペラの音大生の都合が一方的過ぎたのでは?

KISS MUSIC の主張を「絶対認めないぞ!」と読んでしまわれた方、何故そのような体制なのか一度考えてみて下くれませんか?もしかすると自分を正当化する為に「発声法は全て共通である」と、言いたい理由があるのではないですか?もしKISSにそのようなことが起こった時、相手の声に耳を傾け真剣に考えます。その理由はスタートを間違えると後が大変だからです。ですから今回は30年ポップスを研究し、実際にプロの世界を経験・確認し、「オカシイ」と思い、10年かけて共鳴ボイトレ法を研究したのです。思い付きで反意を述べている訳ではありません。

ポップス発声方法の進化の過程でアンチテーゼの役割が必要だと確信しております。逆に言うと、今までのボイストレーニング業界の宣伝と主張が、一方的過ぎたのではないでしょうか?