• HOME
  • 東京大阪ボイストレーニング誤情報~安いほうが

オペラは矯正・ポップスは個性

Googleで「ボイトレ 批判」と検索してみて下さい。実は昔から批判の多い業界でした。ですがとうとうYouTubeで堂々と批判される時代になってしまったのです。KISSはこうならないように一般ボイトレ業界に忠告していたのですが…。

ボイトレ批評批判

  1. 批評批判して申し訳ありません
  2. Sony Music 音楽プロデューサーがボイトレ業界を批評批判する
  3. 矛盾ばかりのボーカルレッスン
  4. リップロールが効果ある訳ないでしょう?
  5. 正しい姿勢・OLDボイトレとNEWボイトレの違い

プロ歌手はボーカルスクールに行かない

  1. プロ歌手はボイトレをやっていません
  2. プロ歌手は見た目は同じ人間でも内部構造が違っていた!
  3. メジャーとボイトレは畑違いの業界
  4. プロミュージシャンを目指す若者達を社会で守ろう
  5. ボイストレーナーが悪い訳ではありません…
  6. ポップスのボイストレーニングは誕生していなかった!
  7. OLDボイトレの効果は残念ながら無い

ミックスボイスのデマ

  1. ミックスボイスのシンガーと歌手
  2. ミックスボイスの正しい練習方法
  3. ミックスボイスはボイストレーナーのデマ
  4. ミックスボイスの正体が分かれは簡単!
  5. ミックスボイスの定義(過去記事)
  6. ミックスボイスのやり方(過去記事)

ポップスとオペラのボイトレの違い

  1. ポップスとオペラ(ベルカント唱法)発声方法の違い
  2. ポップスのボイトレなのに、実はオペラの発声法が指導されている矛盾
  3. 2つのベルカント唱法の拡散ルートの違い
  4. オペラは矯正、ポップスは個性、相反する価値観
  5. オペラの大声量とポップスの小声量のボイトレの違い

腹式呼吸はオペラの呼吸法

  1. 肺活量が減る呼吸法の危険性
  2. 腹式呼吸のルーツはヨガ
  3. 腹式呼吸は危険
  4. 腹式呼吸で最大肺活量を実験
  5. 最大肺活量の基準から腹式呼吸の矛盾を解く
  6. 外見は同じに見えても呼吸の質が違う
  7. 腹筋・横隔膜・発声方法の矛盾
  8. 逆腹式呼吸の存在
  9. ベルカントとWikipediaで検索

喉の開き方

  1. 喉の開き方があくび?ボイトレの正体はオペラ
  2. 喉の開き方・軟口蓋を上げる??ボイトレの正体はオペラ!
  3. 喉が絞まる原因は副鼻腔炎、蓄膿症だと証明しました
  4. 軟口蓋を上げるはオペラに有効
  5. 軟口蓋を上げるのはポップスでは間違えです
  6. ロック・ポップスの喉の開き方

チェストボイス・ミドルボイス・ヘッドボイス

  1. 声区? チェスト・ミドル・ヘッドボイス【ポップスには嘘】

副鼻腔炎・蓄膿症

  1. 歌がヘタな原因
  2. 蓄膿症を治せば歌えるハズ?
  3. 本当は怖い蓄膿症の勘違い

鼻腔共鳴は絶対に不可能

  1. 鼻腔共鳴のコツは頭式呼吸
  2. 蓄膿症予備軍1億人は鼻腔共鳴では足りない

何故ボイストレーナーは歌わないのか?

  1. そもそもボイストレーナーは「歌が苦手な人」ばかり

良く分からない方へ

  1. 一般ボイストレーニングの正体

Topページ