基礎をしっかり身につけましょう!

ボイトレblog(新宿・渋谷・池袋)

こんにちは、山下です。
今年は暖冬らしいですが、今日は寒いですね。
でも明日は、4月くらいの陽気になるらしいので、寒暖の差で体調を崩さないようにお気を付けください。

みなさん、基礎トレーニングは好きですか?

KISSのトレーニングで言うと、まずは共鳴ボイトレ法になります。
ここでは、発声する時の筋力の使い方と、共鳴のコントロールの仕方を身につけていきます。

基礎のトレーニングは、初めはこれがどう歌う時の感覚と繋がるのかわからないかもしれません。
でも、トレーニングが進んでいくとわかりますが、それぞれがちゃんと意味があって、この感覚はあのトレーニングで使う感覚が応用されているんだなと実感できるようになります。

どうしても、早く進みたくなってしまう気持ちもとっても良くわかりますが、基本的なことが曖昧だったり、不安定なまま、その先の表現等に意識を向けても、なかなか上手く歌えません。

仮に上手くいっても、不安定な土台の上に成り立っているので、何かの拍子に崩れてしまいます。

ただし、基礎が完璧にならないと先に進んではダメという事ではなくて、ある程度できたら応用と合わせながらやるとより効果があると思います。

基礎から離れている方も、応用で何か上手くいかない事があるとしたら、時々振り返ってやってみると、原因が見つかるかもしれません。

遠回りのように見えて、本当は近道になるので、基礎をしっかり身につけて自分のものにしていきましょう♪

プロ歌手や声優志望者へのメッセージ

KISS代表の平山です。私は元Sony Music音楽プロデューサーです。プロ志望の若者へメッセージを送っています。一般ボイストレーニングの正体はオペラ、声楽です。皆さんが目指すメジャーの世界とは正反対の指導を受けちゃダメだよ!歌えなく成るよ!

スクールはね、自分たちに都合の良い宣伝ばっかりしてしまう業態なんだ。良くボイトレ効果のお蔭でデビューできたかのような宣伝を見かけるけど、嘘だから騙されないようにね。

どうしてこんな事を伝えてるのかと言うと、私はSony Music音楽プロデューサーまで辿り着くまで、皆さんと同じ単なるプロ志望の若者だったからです。みんなの夢を追いかけてる気持ちが良く分かるから助けたいんだ。

プロになって冷静に周りを見ると、スクールが言ってることって嘘ばっかりじゃん。例えば作曲コース?音楽理論からスタートみたいなね!音楽理論なんか知ったら良い曲なんか書けなくなってしまうよ。音楽理論は壊すものだからね。

歌が上手く歌えない、活舌が悪い原因は蓄膿症ですよ!一般ボイトレはそれを悪化させてしまうからダメだよ!プロ志望だったらこのホームページを良く読んでごらん!

東京校・秋葉原・御茶ノ水  梅田校・大阪  つくば校・茨城県

 高松校・香川県  大宮校・埼玉県   Skypeレッスン

ここだけ読めばボイトレの謎がすべて解ける!

KISSが現代ボイトレの常識を根本から覆します。「生まれつき歌が上手い人」の秘密を是非一度お読み下さい。

喉を開いて高音で歌う方法

関連記事一覧

カテゴリー