kiss7
頭式呼吸のページを是非ご覧下さい。ボイストレーニングの秘密・前提条件を公開してあります。

楽しい音痴は直さない方が良いと思いますが、周りをがっかりさせる音痴は直した方が良いかもしれません。だけど音痴な方、がっかりする必要はありませんよ。あなただけが音痴ではなかったのです。

Sony Musicで大きなオーディションを行うと40000通ぐらい集まります。いろいろな条件で審査をして行くのですが、私の感想は「歌が上手い人って少ないな…」でした。それは砂をふるいにかけて、たった何粒かの宝石の原石を探すような作業でした。たくさんの宝石の中から「際立って大きな宝石」を探す作業では無かったのです。

その鼻づまりが危険!蓄膿症予備軍1億人

過去の病気と思っていた蓄膿症が、今でも年間1000万人発症しています(急性の蓄のう症=急性副鼻腔炎を含む)。そして、蓄膿症になりやすい人、いわば予備軍はなんと1億人! 鼻水、鼻づまりが蓄膿症に悪化しないようにご注意を!

自分は音痴だと、しょげている方は安心して下さい。日本人の1億人は歌が歌い辛い人なので「歌がヘタな人」だと思われます。その中であなたは「特に歌がヘタだ」と思っているだけです。程度の差はあっても日本人の1億人は歌がヘタなのだから同じ仲間なのです。あなただけが歌がヘタなんじゃありません。そして歌がヘタな原因はもう解きましたから大丈夫!

共鳴トレーナーが誘導して歌わせる、音痴を直す画期的な方法

殆どの人が音感が曖昧です。歌いだしの音に対して次の音程は、「上か、下か、同じ音か?」たったこの3つだけなのです。人間の体は音階に対して上下に比例しています。そこに音程を取る筋力を習慣づけていきます。これは脳の音程の上下感を矯正するトレーニングです。単純なトレーニングで直ります。

いわゆる歌の練習方法

今までの歌の練習方法は初めに脳の音感を直そうとしてきました。この方法だと「音程を取る筋力の部位」は今まで通り「喉周りの筋力」のままです。昔と何も変わりません。変わるのは「脳から命令された、低かった音程をあげようとする喉周りの筋力の収縮度が上がったこと」です。さらに喉はよりいっそう締まるので苦しくなってしまうことでしょう。

これは、「このピアノの音を良く聴いて同じ音を出しなさい」という指導方法で起こりやすいものです。そして蓄膿症を加速させる可能性が高いと思われます。その理由は、「筋力の収縮は喉以外の空気道を圧迫し頭部への空気を遮断して行く」からです。空気の通らなくなった気道は、膿が固まり気道を詰まらせます。やがて皆さんの呼吸は麻痺し、口と鼻だけで歌おうとするのです。最終的には蓄膿症で歌っている時に鼻は機能しなくなります。その進行とともに「高い声」を失ってしまうことでしょう。

※今までの歌の練習方法は「喉以外の空気道」に気付いていません。
kiss6-300x225

新たな選択肢、共鳴ボイトレ法の練習方法

歌が下手な人は生まれてから一度も正しい音程を歌った経験がありません。ちょっと歌が得意だと思ってる人でも、「だいたい合っている」程度です。そこで共鳴ボイトレ法は画期的なボイストレーニングを開発しました。

「共鳴トレーナーが皆さんの筋力と呼気圧力を誘導して正しい音程を歌わせる」ことをします。

いわゆる歌の練習法の概念で考えると想像が難しいかもしれませんが、実は単純なのです。これは「この音程をよく聴いて音程をあげて」ではなく、「どうすれば正しい音程が出るのか、その方法」を指導しているだけなのです。音程のメカニズムを解明しているのでその通りに指導しているだけです。

人間の脳は自分に都合が良くできている

歌がヘタな人でも共鳴をコントロールできるようになると、1つも音程を外さないで歌うことも可能になります。それをもしあなたが成功したとしたら、今度は1つでも音程を外すと、「今日は調子が悪いな」と思うハズです。

このように共鳴ボイトレ法は共鳴トレーナーが正しい音程であなたを歌わせて行きます。繰り返し続けていると、「最初からこれぐらい歌えていたよ」と皆さんの脳は麻痺していくのです。

共鳴ボイトレ法の違い

オペラから派生したいわゆる歌の練習法は、「歌を練習」させる方法です。

共鳴ボイトレ法は、「歌の障害を取り除くことで歌いやすく」させる方法です。

共鳴ボイトレ法 目次

  1. 正反対の共鳴ボイトレ法
  2. 頭式呼吸・とうしきこきゅう(商標登録)
  3. 正真正銘のビフォーアフターと効果
  4. 共鳴ボイトレ法の概要
  5. 4段階の目標と効果
  6. 1.スティールボイス(地声の高音ハイトーンボイス)
  7. 2.スティールボイスの練習方法
  8. 謎を解く鍵
  9. 音痴を直す方法
  10. 声優志望者は舞台演劇のボイトレで良いの?