頭式呼吸で歌うことのメリットとは

人間は鼻づまりでない「健康な人」と、鼻づまりな「不健康な人」の2種類に分かれます。そして日本人の8割以上、1億人以上が副鼻腔炎予備軍だとする医学の統計データがあります。なので歌の練習をする前に副鼻腔炎を治すことが必要なのですが、耳鼻科ではまだ治せないそうです。その副鼻腔炎を安全に治す目的で開発されたボイストレーニングが、共鳴ボイトレ法の頭式呼吸です。

頭式呼吸は脳の活性化に役立つ

音楽を聴くことは脳に刺激を与え活性化に繋がると言われていますが、歌を歌うことでさらに良い活性化が期待できます。歌には歌詞があります。この歌詞を覚えて歌おうとする時、メロディやリズムを理解し覚えようと右脳が刺激され活性化されます。また歌詞を記憶しようとする時は左脳が刺激され活性化されます。ごく自然に歌っているつもりが、実は両方の脳を刺激していたのです。生まれつき歌が上手い「鼻づまりでない人」は、歌っていて楽しいでしょうね!

ですが旧来型ボイストレーニングは、「日本人の8割以上は副鼻腔炎予備軍」という医学データがあることに気づいていません。何故なら400年前にオペラの為に作られていますから。だから日本人の殆どが「鼻づまりな人」ということに気づいていないのです。歌いづらさを補う為に旧来型は「脳に音程を外さないように頑張らせなければ」歌わせられません。だけど音程を取る機能は実は本来脳の仕事では無いのです...。自分の仕事ではないのに「音程が外れてるよ!」と叱られてしまう脳は、ストレスを感じながら歌っているかもしれませんね。

頭式呼吸はストレス解消に役立つ

皆さんよくストレス解消のためにカラオケに行くかと思います。正常な人間は頭部に大量の酸素がめぐることで、苦しくなく楽しく歌うことで爽快感を感じられます。また自動的に音程が外れないので余裕があります。歌詞に感情移入して歌うことにより、溜まっていた感情も吐き出せるでしょう。音程を取る末梢神経(秘密)が呼吸に必要な全身の筋力を刺激し、緊張していた神経をリラックスさせます。さらに顔の表情筋を使い歌うことで固まっていた副鼻腔を溶かし、さらに大量の酸素を循環させることで副鼻腔内を殺菌することになります。最高のストレス解消ですよね!

本来の人間は、歌っても苦しくならないのが正常なのです。苦しくなってしまう原因は歌の練習が足りないからではありません。「副鼻腔炎」が原因です。「喉を締めないで開いて!」という旧来型ボイストレーニングの根拠のない指導で解決できるものではありません。

頭式呼吸は美容に役立つ

共鳴ボイトレ法の頭式呼吸は歌えば歌うほど、副鼻腔炎を改善させる目的で開発されたボイストレーニングです。それは表情筋を動かすことで副鼻腔の体温を上げ、固まった粘膜を解きほぐしていきます。その解きほぐされた粘膜は水溶化し排出され、副鼻腔の空気のルートを確保して行くのです。なのでストレス発散だけでなく、美容に大変良い効果をもたらします。

筋力を固めていた鼻水が溶けると筋力の柔軟性が復活し血流が良くなるのです。顔面の皮膚へ血流が届くようになり、人間本来が持つ「治癒力」が働き出します。顔の血行が良くなれば肌荒れを改善し顔色を良くできるのです。また普段は動かさない筋肉を使うことで、たるみの防止にも繋がります。高級化粧品やステロイドのような塗り薬に頼るより、皮膚の治癒力を高めるほうが抜本的解決法です。

頭式呼吸は健康に役立つ

昔から「鼻は万病のもと」というコトワザがあるように、副鼻腔炎は更年期障害や様々な病気に関係していると思われます。日本人の8割以上(1億人以上)は正常な基礎呼吸が麻痺していることに気づいていないのです。本当はもっと爽快に生きられるのに....。

副鼻腔から溢れ出した鼻水や痰は何十年もかけて溜まって行きます。溜まった痰は固まり空気の通り道をふさぎ呼吸を麻痺させて行きます。痰で肺は固められ動きが鈍くなり(肺硬化症)、気が付くと「大いびき」をかいていたり「無呼吸症候群」になってしまっていたり....。それが頭部にたまってくる頃には鼻と耳の軌道をふさぎ、耳の病気、眼圧を上げたり、脳を圧迫したり、肌荒れ、歯槽膿漏、etc.。

歌っているときは呼吸の回数が増えます。自然と深い呼吸になることで血行の促進に繋がります。血行が良くなると代謝も上がるかもしれませんね。だけど「消費カロリーが多くなって肥満防止になる?」までの運動量はありません。ですが頭式呼吸で呼吸全体の機能が復活できれば、冷え性予防にもなって、健康な身体づくりに繋がると思われます。

「腹式呼吸」による健康被害

ちなみに「腹式呼吸」は、呼吸の一部に固執してしまった不完全な呼吸法です。本来の人間の呼吸は頭部、首、肩、肺、お腹、背中、腰の全てのバランスで行われています。そして副鼻腔炎の進行で一番初めに溢れた鼻水が溜まってしまうのは、重力の関係でお腹と腰の最下部です。お腹に空気を吸い込もうと努力しても肺も詰まっているので酸素が届かない状態なのです。なので日本人の8割は「物理的に腹式呼吸は不可能」と言わざるおえません。さらにお腹を機械的に出したり引っ込めたりする呼吸は、本来の正常な呼吸機能の筋力バランスを壊してしまいます....。ちなみに腹式呼吸が開発された400年前は光化学スモッグの無い時代、アレルギーが少ない江戸時代でした。誰もが無意識に当たり前の呼吸の一部として腹式呼吸にもなっていたことでしょう。

こうしたメリットがあっても、歌を楽しく歌えないという方には、口コミでも評判のKISS MUSICボイストレーニング教室がおすすめです。ボイストレーニング教室がどんなところかわからなくて不安という方、無料体験もご用意しております。ぜひ、人気のKISS MUSICのボイストレーニング教室を体験してみて下さい。

またKISS MUSICのボイストレーニング教室では共鳴ボイトレ法を行っております。「声が見える・共鳴」を基準にした「共鳴トレーニング」ですので、オンラインボイストレーニングも可能です。詳しくは、KISS MUSICまでお問い合わせ下さい。

このページの先頭へ