岡山県のボイストレーニングに興味をお持ちの皆さん、そしてボイストレーナーさん、こんにちはKISS MUSICです。

元Sony Music 音楽プロデューサーがポップス専用の「共鳴トレーニング」を開発しました。目的はメジャー志望の若者、声優志望者、カラオケファン、ボイストレーナー志望者の健康を守るためです。頭式呼吸のページに「世界が知りたかった歌の前提条件・秘密」を全て公開しましたので是非ご覧下さい。

IMG_20160328_144924

〒717-0402  岡山県真庭市湯原町湯原温泉内

IMG_20160328_145925

岡山市、備前市、玉野市、倉敷市など、ご挨拶に伺いました。

岡山県湯原温泉にある「砂場」。素晴らしい露天風呂でした。何が素晴らしいのかと言うと、共同温泉と言うのは基本的に地元の方々がボランティアで管理して頂いています。そうすると観光客のマナーが問われてくるのです。決して観光客のマナーが悪いわけではなくても、その土地によって常識もかわり、ちょっと怒られちゃったりすることもあるのです。だけど岡山県は違います。初めから分かったうえで観光客も受け入れてくれる優しい気配りのある大人の野湯なのです。ここは混浴で女性はバスタオルを巻いて入浴OKだし、男性もタオル等を着用して入浴をして下さいと、看板でルール・マナーを知らせてくれています。三つの湯舟はそれぞれ温度も違って楽しめるし、ホテルに囲まれていないので露天風呂の客だけで楽しめるのでリラックスできました。

IMG_20160328_150142

湯舟につかりながら京都から来たという大学生とのんびり話していると、「あーいいな日本は」なんて気持ちになります。彼は大学の合宿で20km離れたキャンプ場から自転車で来たそうです。自転車?って山の中だよここ。露天風呂は話しがはずみますね。いろんな共同温泉の野湯に入ったけど、この「砂場」が一番好きです。岡山県は、「いいなー!」。

IMG_20160328_160138

それから風呂を上がって地元のお肉屋さんでコロッケと から揚げを買って、河原でゆっくりしました。関東の生活と違うゆっくりとした空気。この新鮮な空気を吸い込んでいると頭部が冷たく感じます。そしていつも思うのですが、きれいな空気をすっていると鼻の通りが良くなってくるような…。歌が歌えない原因は蓄膿症…。IMG_20160328_160956

そう言えば、倉敷は桃太郎伝説の「きびだんご」が有名なんですね。瀬戸内海の小島は鬼ヶ島を連想させてくれますものね。