みなさんはyoutubeでボイトレに関する動画を検索したことがありますか?

色んな方がいろんな方法で、鼻腔共鳴とかミックスボイスとか解説していると思います。

そのような動画からトレーニングに関する情報を得て練習されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そのような解説動画を見て、アドバイス通りトレーニングしてみてどうですか?

お手本通りできた!その結果歌が上手くなった!という人は、どれくらいいるでしょうか?

また、上手くいかなかったけど、ちょっとずつ出来るようになって、その結果好きなアーティストのような理想の歌い方に近づいている!と実感されている人はどれくらいいるでしょうか?

これほどまでに同じテーマに関して様々な解説がなされている背景には、言っていることが分からない!やろうとしてもできない!という人が多いからではないでしょうか?

新しいヒントを得るとうれしくなってしばらくやるけど、そのうちまた迷路に迷い込んで同じようなチャンネルを徘徊して情報を集めてしまう、こういった行動を繰り返している人、結構多いのではないでしょうか?

できる人、できない人

では動画で解説している人はなぜできて、情報を集めている私たちはなぜできないのでしょうか?

ここで一つみなさんにやってみてほしいことがあります。

そのトレーニングの内容ではなく、解説されている方の話し方を真似てみてください。

もしみなさんが同じような話し方が出来たのであれば、そのトレーニングも真似てできる可能性があるでしょう。

もう少し踏み込んで言うと、もしかしたらすでに上手く歌える可能性すらあります。

しかし、もしみなさんが彼らの話し方すら真似できなかったとしたら、そのトレーニングも当然真似はできないと考えるのが正しいのではないでしょうか?

実は前提条件が違っていた!?

ではなぜ話し方が真似できないのか。

それはもしかしたら、みなさんの鼻が詰まっているからではないですか?

解説者の方は鼻がよく通っているような話し方ではないですか?

もしそうであるならば、皆さんが彼らの鼻腔共鳴だとかミックスボイスといった動画を参考にトレーニングに取り組む前にやるべきことは、詰まっている鼻を彼らと同じように通るようにすることではないでしょうか?

鼻の通りがよくなると・・・

鼻腔共鳴・ミックスボイス・腹式呼吸・・・既存のボイトレが上手くいかない人は、まずキッスミュージックの共鳴ボイトレ法で呼吸機能の改善を試みてください。

頭部の内部構造、呼吸状態が彼らと同じ程度の状態になったときには、もしかしたらそれだけで彼らと同じくらい上手に歌えるようになっているかもしれません。

そう、鼻腔共鳴・ミックスボイス・腹式呼吸・・・そんなものを学ばなくてもね(笑)

歌が上手に歌えない本当の原因は

キッスミュージックでは一貫して、歌が上手く歌えない原因は蓄のう症、副鼻腔炎だと主張してきました。

そして、私たちが提供している共鳴ボイトレ法は蓄のう症・副鼻腔炎の症状改善、つまり鼻の通りをよくするための方法論を指導させていただいております。

彼らと私たちでは発声の前提条件である鼻(頭部)の内部構造に決定的な差があったのです。

その前提条件の差を解消しない限り、彼らのアドバイスのとおり実践は難しいのではないですか?

あなたが今やるべきは・・・?

それでもまだあなたは今のトレーニングを続けますか?

それともまず共鳴ボイトレ法で鼻の通りを改善しますか?

 

7l9i0019c

大阪梅田校 高松校 田村