歌が下手な原因は副鼻腔炎・蓄膿症、いわゆる「鼻づまり」が原因です。

これは免疫システムによるアレルギー症状です。

私は「鼻づまり・アレルギー」の引き金は花粉症じゃないかな?と想像していました。

そこで問題なのが、「日本人の1億人以上が蓄膿症予備軍であり、毎年1000万人が発症?」というデータです。

え?毎年1000万人?10年で1億人….?15年だと日本人の人口を超えてしまう。

 

それならばポップスの原点であるヨーロッパの人達は「日本人より鼻詰まりは少なにのか?」を知りたかったのです。

その答えが見つかりました。

The American Journal of Human Genetics

遺伝学の科学誌「The American Journal of Human Genetics」で独の研究チームが、「日本人の遺伝子の中にネアンデルタール人が「潜んで」いる」発表したのです。

日本人のルーツはネアンデルタール人とデニソワ人の混血らしいです。

そしてネアンデルタール人の持つ花粉症の免疫システムTLR1、TLR6、TLR10遺伝子を最も多く持つのが日本人だそうです。

なんと日本人の51%なんですって。

そりゃー、歌えない訳ですよ。

 

ちなみにね日本人とアジア人のDNAは違いますからね、日本人は特殊なんですよ、もはや常識ですよね!

ついでにもう1つ、世界の言語は殆ど1言語から発生しているらしいのですが、日本語だけ違います。


おまけの雑学、日本の国家「君が代」は日本語でも?なのに、ヘブライ語で訳せる。

私達日本人の国歌は世界最古の国歌です。

蓄膿症予備軍1億人以上の意味はDNAからも証明された

歌が上手くするには、遺伝子から花粉症の免疫遺伝子を削除すれば良いのか….。

いやー、そんなこと直ぐにできませんよね。

大丈夫です「頭式呼吸」が完成していますから。

頭式呼吸は「蓄膿症を改善する方法」であり、歌が下手な人が上手くなった証明を、世界で初めて証明しました。

その証明は1つではありませんよ、たった1年のデータで30以上です。

 

ボイストレーニングとKiss Musicの「共鳴トレーニング」は別ジャンルです。