KISS MUSIC のレッスンを受けるまでは、副鼻腔にこんなに空気が通るなんて考えこともありませんでしたし、頭部に空気が流れるなんて意識したこともありませんでした。

 

歌っている時は、もちろん口で歌っていましたし、呼吸も途中で苦しくなってしまって上手く歌えない、でも上手くなりたいから試行錯誤しながらひたすら毎日歌って練習していました。

でも、目に見えた変化はほぼ感じられませんでした。

 

KISS MUSIC で共鳴トレーニングを受け始めてからまず最初は、歌ってる時の声の出す感覚や声の聞こえ方が変化してきました。

少しずつ声が軽くなっていくのがすごく不思議な感じでした。

 

そして、頭式の呼吸のトレーニングで、副鼻腔や頭部の空気の流れを意識し始めてからは、歌ってる時の呼吸がどんどん楽になってきて、以前は苦しかった歌が、いつのまにか呼吸の心配をしないで歌っていることに気づいて、こんなに変わるんだなと実感しています。

 

もちろん、まだ完全に通りきってはいないので、通りが悪い時は上手く抜けなくて苦しくなったり、まだ不安定ではありますが、以前と比べたらかなり歌いやすくなっています。

 

みなさんも、どんどん意識して空気の通る感覚を作っていってくださいね。

 

 

 

 

 

山下