歌が上手いって何だろう?と最近よく考えています。

 

正しい音程、リズムで歌えているということはもちろんですが、それ以外に挙げるとしたらどうでしょうか?

皆さんも少し考えてみてください。

 

 

私が思うのは、”色んな声が出せる”ということです。

息を抜いたような優しい声で歌っていたのが、急に力強い歌声に変わったらハッとなりませんか?

 

KISS MUSICのレッスンでは課題曲をダミ声で歌ったり、鼻から息を抜いて歌ったりしますが、鼻が詰まっている人はなかなかできないんです。

逆に、あまり詰まっていない人は難なくクリアしてしまいます。

ということは、鼻が詰まっていない人ほど、声に変化をつけやすいということになりますよね?

鼻づまりを解消することで声を自由に変えられるようになっていきます。

うまくいかない生徒さんもトレーニングをしていくことで、できるようになっていくのでその変化を楽しみながら頑張りましょう!

 

既に、上手に歌えている方も自分の歌を聴いて、なんかつまらない、変化がつけられていないと思う方は声を変えてみるということを考えてみてください。

今回の内容に対して、おすすめなのが吉澤嘉代子さんの「残ってる」という曲です。是非、聴いてみてください。

https://youtu.be/6Rp4xvOzHUI

 

 

 

 

 

井上