3月からトレーナーとして指導させて頂いている井上です。

今回は私がKISS MUSICに出会った経緯をお話していきます。

 

私は幼い頃から歌うことが好きでしたが、周りに音楽をしている人もおらず、楽器を弾いたり音楽教室に通ったりすることもありませんでした。

そんな私が音楽に本格的に興味を持ち始めたのは高校生の時でした。

子供の頃に母親が車でよく流していたスキマスイッチの歌に改めて感動し、こんな風に歌えるようになりたいと憧れるようになりました。

 

愛知県出身の私は、高校を卒業してから自動車関連の一般企業に勤めて1年が経つ頃、ボイトレ教室に通うようになりました。

習い始めた頃は、何も分からず先生に言われた通りに練習をしていましたが、ある時ふと思いました。

歌の上手い人はこんなことを考えて歌っているのか???

と。その教室では腹式呼吸、横隔膜、声帯閉鎖、ミックスボイスなどの言葉を使って教わっていましたが、プロの歌手の方が横隔膜を動かして腹式呼吸をしようとか、声帯を閉じてとか、そんなことを考えながら歌っているとは思えませんでした。

 

それ以来、もっと根本的な違いがあるはずだと思い、声の出る仕組みなど歌にまつわることを今までと違った角度から調べるようになりました。

そんなある時、高い声を出そうとすると息が鼻のあたりで突っかかってしまうような感覚があったのでネットで鼻づまり、歌と検索するとKISS MUSICがでてきました。

“歌が下手な原因は鼻づまり”

これだ!と思いすぐに通い始めました。KISS MUSICでは一般ボイストレーニングとは全く違うトレーニングをするので、初めはなかなか理解できませんでしたが確実に上手くなっていることを実感できました。

 

一般のボイストレーニングやネットには間違った情報がたくさんあります。

自分のように意味のない練習の為に、お金や時間を無駄にしてほしくないと思っています。

共鳴ボイトレ法は上達を実感でき、とても楽しいトレーニングです。

興味のある方は是非一度いらしてください。一緒に音楽を楽しみましょう!