歌でも、楽器でも、基礎はとても大切です。

基本的なことが曖昧だったり、不安定なまま、その先の表現等に意識を向けても、なかなか上手くいきません。

仮に上手くいっても、不安定な土台の上に成り立っているので、何かの拍子に崩れてしまいます。

例えば、音程が不安定なのにどんなに頑張って歌っても、やっぱり音程はズレてしまうし、リズムも同じで、シンプルな事が安定してから少しずつ複雑にしていった方が、より安定したリズムを取ることができます。

ただし、基礎が完璧にならないと先に進んではダメという事ではなくて、ある程度できたら応用と合わせながらやるといいと思います。

基礎から離れている方も、応用で何か上手くいかない事があるとしたら、時々振り返ってやってみると、原因が見つかるかもしれません。

焦らずに、しっかりとした土台作りをしていきましょう。

山下