原盤制作の準備を始めます。

このブログを読んでいくと、音楽の制作の手順が分かると思いますよ。

レッスン後の深夜、つくば校に残ってPCのメンテナンスからです。

何故なら次の日に、コンサルのJK Sound Worksさんに音楽ソフトのインストール作業をお願いしてあるからです。

大量のソフトをインストールする為、Cディスクの空きを確保したり、Dディスクも整理します。

パイオニア製のブルーレィ対応のDVD-Rを装備?できません。

ATAシリアルケーブルがない…。

前日に確認しておいて良かったです。

明日の朝1番にPCショップで用意しましょう。

翌日PCのメンテナンス

やはりパソコンは自作が一番です、映像制作用に2年前ぐらいに作ったパソコンです。

なかなか良い電源を選んでいますね、自画自賛。

自作なら何かトラブルが起こっても、その場でなんとか解決できますから。

DVD-Rも直ぐに組んで、ここからはJK Sound Worksさんと作業に入ります。

Studio One 3

今までCubase5というシーケンサーを使っていたのですが、JK Sound Worksさんのお勧めで、Studio One 3を導入してみました。

まずはインストールして音がなるかテストです。

マニュアルを見ながらなので時間がかかりましたが、何とかプラグインシンセの音を確認することができました。

初心者では絶対1日では無理でしょう。

そして後々のことを考えて、32bit 64bit版の両方をインストールしておきました。

JK Sound Works

コンサルのJK Sound Worksさんに完全にお任せです。

凄いです、プロの現場にもないかもしれないプラグインがどんどんインストールされていきます。

昔は私も一人でやっていたのですが、今では無理です。

それほど音楽制作をする為には、PCの知識やインストール作業にもコツが必要です。

「PCのおかげで音楽制作が家庭でもできるようになった」と思っている方も多いようですが、プロレベルでやろうと思ったら大変ですよ!

 

最後にスタジオ標準装備のプラグインWAVESを入れようとしたら、残しておいたCubase5にインストールされていたWAVESをアンインストールする必要があるそうです。

ちなみにこのWAVESは、昔は150万ぐらいしていたソフトです…、今は安くなりましたね。

だけど30万以上のバージョンを導入しました。

安全を優先する為に本日の作業はここまでで終了し、後日、しっかり対応策を調べてから行ってくださるそうです。

他社さんのデビューパック?

先日、生徒さんがオーディションに受かったら、「デビューするのに70万のパックが用意されています」言われたと、記事を書きました。

デビューするのにお金を請求されることはないので、詐欺だから気をつけなさいと伝えたのです。

だけどもしデビューさせるのを商売でやったとしたら….?逆に70万なら安いかもしれませんね!

但し、それなりの品質でしょうけど…。