今日は、Bostonな気分です。

私はやっぱりアメリカのロックが好きなんです。

2000年頃からブラックコンテンポラリー全盛の時代になってしまいましたが、1999年までの名曲を超えるものはなかなか巡り合いません。

その中の1曲をご紹介しましょう。

Boston- More than A Feeling

 

エレキギター(レスポール)のフランジャーのかかった個性的な音質。

どこまでもメロディアスなフレーズ。

 

何よりもアメリカンロックのカッコよさは、頭の良さにあります。

日本のように使い古されたコード進行ではなく、楽曲、作曲のクオリティーの高さ!!!

計算された良い曲。

見習いたい。

 

スティールボイスで歌いましょう!