「リップロール」とは唇を閉じたまま声をだし、唇を「プルプルプル」と振るわせるものらしいです。
「タングトリル」とはいわゆる巻き舌の事です。舌を巻き舌で震わせるものらしいです。

両者とも声帯のリラックス効果、余分な力を抜く効果があるらしいです。

だけど声帯がリラックスしても歌は上手くならないのでは仕方がないのでは?

ボイストレーニング業界さんのトレーニングの中身はオペラですから、ポップスには利用できないと思います。何故ならオペラは訓練した結果オペラ歌手のような歌唱法を習得する為に作られているから目的とトレーニングが合致しております。ですがポップスはオペラ歌手のような発声方法に辿りついたとしたら「ダサイ」のです。

みなさんクラスに1人ぐらい歌の上手い子がいませんでしたか?いたでしょう!その子はリップロールをやっていましたか?タングトリルが大事でさ…。などと語っていましたか?違うでしょう?ボイストレーニング教室にさえ通っていなかったでしょう!

歌は楽器の練習法を応用した方法では、元々歌が上手い人しか上達させられないのです。だけどその人達は元々歌えるのでボイストレーニングを必要としていない人達ですよ。

それに対しボイストレーニングを必要とする「歌がヘタな人」には、オペラを応用したボイストレーニングは効果が無いのです。それはインターネットが証明していますよね!

 

Kiss Musicが開発した世界初、ポップス・ロック専用ボイトレ法は、「歌がヘタな人」を上手くさせるボイストレーニング方法です。「リップロール」「タングトリル」など指導していないのに、歌が上手くなっています。何故なら必要ないからです。

腹式呼吸じゃないボイトレBefore Afterを確認してみて下さい。

みなさんの目的は「リップロール」「タングトリル」をマスターすることでは無いでしょう?