お陰様で「スティールボイス」の商標登録の許可がおりそうです。本日10年分の料金を支払ったので多分大丈夫でしょう。なんと標準文字の商標も取れてしまいました。これはどういうことかと言うと、特許庁が完全オリジナルを認めて下さったと言うことなのです。

別に流行らければ商標なんて意味ないじゃない?と思う人もいると思います。その通りです。だけどKiss Musicの目的はいろいろあるのです。

  • 対一般ボイストレーニングと業界を分けていく目的。
  • 共鳴トレーナーの品質保持。
  • 秘密。

これから共鳴トレーナーが増えていった時、自分で独立した方が儲かると思う人間も出るかもしれません。そのように考える人間は大抵自己中心的な人間です。もしかすると共鳴ボイストレーニング業界に迷惑をかけて去って行くかもしれません。

そうなった場合、「共鳴トレーナー資格」が無くなります。自動的に3種の神器、「1、共鳴ボイトレ法 2、頭式呼吸 3、スティールボイス」の宣伝は使えなくなるのです。これはけっこう大きなリスクになり、悪いことをしなくなります。

きっと共鳴トレーナーの品質の保持に役立ちます。すごいでしょ!

そして優秀な人材を確保できる効力となるのです。そうなれば自動的にKiss Musicは拠点を増やし、信頼の共鳴ボイストレーニング業界をやがて形成して行くとでしょう。共鳴トレーナーと生徒さん、双方の信頼につながります。

2種の神器しかもたないボイストレーニング業界

良く考えるといわゆるボイストレーニング業界は2つしか神器を持っていませんね。1、ベルカント唱法、これは秘密でしたね。 「2、腹式呼吸(危険) 3、ミックスボイス(曖昧)」。

どうしてメジャーのプロフェッショナルがまだ解っていないポップスの発声方法を、20代で素人のボイストレーナーさんの方が知っているのでしょう。常識的に考えたら、「ありえない」ことだと思いますが。

ベルカント唱法を指導しておきながら、「メジャーのプロの現場からフィードバック?」なんて宣伝しています。それは絶対にウソ!…あ!だからオペラの応用と言うことを隠していたのかもしれませんね。他の業種なら訴えられるかも!